« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

アルファロメオ ミト

久しぶりの更新となります。m(_ _)m

本日ご紹介致します車両は、アルファロメオ ミト

ミラノでデザインされトリノで生産されるから・・・ ふーん。

Photo


フロントはかわいらしい女性うけしそうなデザイン。 

ですが、内装は結構ワイルド

Photo_2


ナビは装着済み。 今回ソニックデザイン製TBE1877とアンプ・サブウーフ

ァーを乗せ換えいたします。

スピーカーは純正位置へ。 アンプとサブウーファーは各シート下へ

Photo_3


ソニックデザイン製SW77ですが、超ギリで収まりました。

上下に1cmほどの余裕を残し、鎮座致しました。 ヤレヤレ  

Photo_4

訳あってアンプは仮のものを取付。 暗くてよく分からない画像ですいませ

ん。


バッチリ調整させて頂き 納車待ちとなっております。 

オーナー様 ありがとうございました。

Photo_5


珍しい車輌の入庫がございましたので・・・
Photo_6
Photo_7
ドラレコとレーダー探知機の取付でございました。


2016年5月12日 (木)

TIDAL(タイダル)って知ってますか?

Tidalmusic

Tidalとは、音楽をストリーミングで、「高音質」で再生できるサービスです。その他の配信サービスとの違いとしては、Tidalの料金は、通常の音質「Tidal Premium」(タイダル・プレミアム)の月額9.99ドルと、「Tidal HiFi」(タイダル・ハイファイ›の月額19.99ドルの二通りと、無料サービスが無く、どちらも有料サービスである点です。

音質面では、「Tidal Premium」が最大320 kbpsのAACファイルと一般的なストリーミングサービスと変わらないのに対し、「Tidal HiFi」は1411 kbps、16ビット/44.1kHZのFLACファイルとALACファイルをストリーミング配信することで、どのサービスにもない高音質を実現します。楽曲は様々で、僕も検索してみましたが、最新のものから、学生の時に聞いていたものまで、ほぼ網羅しています。すごい曲数ですね。192や96のハイレゾは、従来通り、ダウンロードしてNASなどに保存しないと行けませんが、いわゆるCDリッピングはほぼ必要ない!?ということです。

Untitled
では、そのサービスは、どうやったら受けることができるのでしょう。まずはプレーヤーが必要です。それがLINNのDSです。持っていない人は、弊社で購入しましょう。従来、操作ソフトとして、『KINSKY』を使用している人がほとんどかと思いますが、『KAZOO』を使えば、それが可能となります。
↑上記は『KAZOO』のGUIです。Tidalってありますね。

Image1
PC上で起動していますが、iPadやiPhoneなどでもOKです。アーティストやジャンルでの検索や、すでにあるプレイリストから、リラックスやディナーっと言いたシーンを選んでも再生できるので、何を聞こうかと迷っている時も気軽に高音質で楽しめます。これは、もうやめられませんね。何百万曲というファイルが、突然やってくる。不思議です。

ただ、日本国内では、サービスを開始していませんので、ストレートに登録ができません。これは、少し裏技を使っていますので、やりたい!というDSユーザーの皆様、ぜひぜひお問い合わせください。

2016年5月 8日 (日)

泣く子も黙る

今回はMercedes-benz 2016年式GLCにリアモニターの取付です
モニター等部品はお客様の選定された物を持ち込みされています
モニターは現行ベンツ純正リアモニターLOOKな商品です
海外より取り寄せしたそうです
HDMIも備えてありますのでもちろん接続はHDMIで高画質なのです
HDMIスプリッターを使いモニターにダイレクト接続です
_dsc5705
今回はi-phoneでコントロールする仕様で御座います
さらにEZcastも使って車内で映像、音声を楽しまれるようです
まさに「泣く子も黙る」環境です
_dsc5706_2

_dsc5703_2
今回はbasisに作業依頼頂きましてありがとうございました



basis 田代

2016年5月 4日 (水)

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒も発売されたようですが、これも素晴らしかったです。是非お手持ちのシステム(Air playやDSなど)で聞いてみてください。

栗本


2016年5月 2日 (月)

御希望を形に

今回はオーディオシステムアップと使用環境改善の作業依頼です
まず使用環境改善ポイントは2つ
1.bluetoothが使用できる環境へ
2.純正のAUXを使用したい
早速純正AUXの解析をし問題なくクリア
お客様の御愛用のbluetoothユニットをAUXへ
Aux_4
接続先はナビの外部入力へ
Photo_4
ここからDEH-P01の外部入力へ
複雑ですが現システムにはこの方法しかありませんでした
これでbluetoothの環境は構築できました
次はオーディオシステムアップですが
今まではサブウーハ―の横にあるDEH-P01の付属アンプにてサブウーハ―を
単独で駆動していました
P01_4
今回はPRS-D700に交換です
運転席下へ設置しました
D700_2
ラゲッジルームにはSonic designフロントスピーカーをDEH-P01でマルチ駆動
する為のアンプが設置されております
アンプはBEWITH R-107S 722S Edition
限定アンプです
Photo_5
Photo_6
作業完了後音響調整をしましたがアンプを交換したことで低域の深みが一層増し
サブウーハ―を的確に制御できることにより全体のバランスがとれました
納車時にはお客様が早速タブレットの音楽サイトの曲をbluetoothで聞きながら
「本当良かった」と満足された様子でしたので良かったです

その後は共通の音楽の話題で盛り上がり気づけば約1時間も車内に..........
やっぱり音楽っていいですね
今回はBASISに作業依頼頂きましてありがとうございました
BASIS 田代

2016年5月 1日 (日)

デモボード 

デモボードの内容の変更がございましたので、ご紹介致します。

モレルのサブウーファーを導入致しました。

Photo


ウルティモ 804 20cmサブウーファーでございます。 少々遠慮気味な

サイズでして。(*´ェ`*)  ですが侮るなかれ 表現力豊かで正確な重低音を

奏でます。  まだまだ慣ら中ではございますが、是非一度ご試聴を!!


続きましては

Photo_2


同じくモレルの ヴィルタス 6インチ!  ボーカルは艶やかで、高域との

繋がりも非常に良い、聞き疲れの来ないモレルの中核スピーカーで

ございます。 評判も上々でございます。

それから

Photo_4

ご存じフォーカルの新製品 ES 165KX2でございます。 2Ω仕様です

から外部アンプで接続してね用ですね。 こちらは入荷間もない商品ですが

フォーカルらしいワイドレンジでキレのある 音色でございます。

Photo_5


そしてベイシスと言えば、忘れてはならないのがソニックデザイン!!

TBM1877 Aタイプでございます。 ソニックプラスの商品ですとハイグレー

ドクラスの位置付けでございます。これを外部アンプで鳴らしております。

サウンドナビなどの優秀なヘッドユニットでも問題なく鳴らせますが、やはり

外部アンプを通しますとより原音に対して忠実でエネルギッシュになります。

それから、プレミアムラインでございます・

Photo_6

UNIT N70 F・T-25トィーターの組み合わせでございます。

ソニックデザインの歴史は、まさにこのピュアアラミド繊維を使用した、77mm

ユニットから始まりました。 超正確な音色 ハイパワー ワイドレンジで

非常に長くご使用頂けるエンクロージャー仕様でございます。 

ベイシスでは装着率の非常に多いスピーカーですね。


それとイベントでの試聴会もございました

Photo_8


クラリオン製 フルデジタルシステム Z3 Z7でございます。

店頭でのご試聴が出来るように、準備中でございますのでイベントにご参加

頂けなかったオーナー様 お楽しみに・・

Photo_9

お知らせ 5月3日から6日まではお休みとなります。ご了承ください。


« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク