« ホームシアターシステム | トップページ | フィット シャトル ハイブリッド »

2016年3月20日 (日)

60 ハリアー 

本日ご紹介いたします車両は、 ハリアー 60系 G‘sでございます。

今回、購入間もない車輌ではございますが、音質面の改善を強く望まれまし

て・・・・・ (JBLサウンドシステム搭載車) 


プロセッサーアンプとスピーカー交換をご提案致しました。  ヽ(´▽`)/


Photo


特徴のあるお顔でございます。

バンパーの下の方、メッキパーツの少し下の部分もLED付いてました。

カッコよろしいです。 いろんなところが光ります。

では先ずは ドアから

Photo_2


洗練されたデザインではないでしょうか。 シャープなラインがハリアーらしい

印象です。

Photo_3


トリムを取り去るとJBL・トヨタ純正スピーカーのご登場です。

純正アンプはと。

Photo_4


トランクの右側でした。 純正のスピーカー信号をマッチDSPに入力させる

必要がございますので・・

(入力信号をデジタル信号に変換し、音響調整させてからD/Aコンバーター

 アナログ信号~内蔵パワーアンプ出力の流れとなります)



今回 サブウーファーは純正を使用致しますので、上手く鳴らせるかは腕の

見せ所です。

で、ドアに戻りまして

Photo_5


右ドアですいません。

Photo_6

バッフルは薄くしないと収まりません。(;;;´Д`)

Photo_7


スピーカーはソニックデザイン製 TBE1877Aiでございます。

30時間ほどで初期のエージングが完了致しますので、早めに商品を取り寄せ

鳴らしておきました。 今回はAピラーに埋め込み。

Photo_8


Photo_9


音場が一段上に上がります。 指向性の強いツィーターにはベストな取付

場所なのです。  ( ̄▽ ̄)

Photo_10


プロセッサーはマッチ PP-82DSPでございます。

8チャンネル出力アンプ付き8チャンネルDSPで、すべてのチャンネルが独立

で調整可能です。ハリアーはフロントマルチ駆動 リア サブウーファーで

チャンネルはすべて使用致します。 

純正ナビシステムの交換が出来ないなど、容易に音質アップが望めない

車輌にはベストな選択ではないでしょうか? ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ


Photo_11


じっくり時間をかけて調整致しました。 純正ナビJBLオーディオ仕様ですが

音質は激変致しました。 

皆様も是非!!!  (*゚▽゚)ノ 


« ホームシアターシステム | トップページ | フィット シャトル ハイブリッド »

カーオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60 ハリアー :

« ホームシアターシステム | トップページ | フィット シャトル ハイブリッド »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク