« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

LINN MAJIK LP12組立〜お届け

2000枚ほどLPをお譲りいただいと数年来のお客様。これを機にLPを新調したい旨のご連絡をいただきました。候補はLINN MAJIK LP12。LINNのLPシステムは組合せて行くとそこそこしてしまいますので、本体に内蔵電源、プロジェクトのトーンアームにADIKTで構成されたMAJIK LP12をストレートに組み上げます。

Img_4489_3

まずは、治具の組立から。上からも下からもアクセスしないといけません。組上げ中ひっくり返す訳にはいきませんので、組んだ後に下から覗き込んで作業ができるよう台をつくります。

Img_4490_2

これは、ひっくり返した状態です。黒い板状の物にターンテーブルやアームが乗っかります。これは、本体(木の部分)と切り離されており、スピーカーからの振動を受けにくくしています。電源やトーンアームからのケーブルを所定の位置へ固定し本体外部への引き回していきます。

Img_4491_2

すいません。組立に集中して途中をはしょってしまいました。LINNはベルトドライブです。アームまで付いたところです。この状態でも美しいですね。まさに凛としております。角の白いテープは養生テープです。キズがつかないように丁寧に。


Img_4492_2

それっぽくなってきましたね。この状態でバランスをとります。先ほどのベースは3箇所のサスペンションでフローティングしています。バネの癖がありますので、テーブルを叩きながら、きっちり上下にバウンドするように各スプリングを調整して行きます。この作業が一番地味ですが、大切なところです。

Img_4496_2

ダストカバーを付けて仮組できました。いいですね。部屋に置いてあるだけでもいいかも。しかし、このままでは、運べませんので、行程の半分ほどバラします。お届け時に再度組み立てます。


Img_4502_2

無事にお客様宅で設置が終了いたしました。
iPadなどで選曲し再生する現在主流のネットワークプレーヤーもいいですが、再生するまでの間、儀式も時間があるときは楽しみたい物です。

2014年8月26日 (火)

DOLBY ATOMOS 本格始動

音響メーカー各社より、ドルビーアトモス機能搭載のAVアンプが
次々とリリースされております。

「ゾーンから 点 への存在音場 進化」とでも言いましょうか・・・

それによる空間音声環境・クォリティーの進化は計り知れない
物があります。

何よりフォーマットの進化は多くの投資無く劇的に環境を良く
しますから、大歓迎です!
Photo_3

ベイシスではいち早くアトモスに取り組み、「体験試聴会」の企画
を進行しております。
詳細は随時ホームページにて告知致しますので乞うご期待!

ソニックプラス 86専用モデル 限定販売

ソニックデザインより86専用モデルが限定86台インストール
開始です。

86

取付時間も僅かで、車両バランス・重量もほとんど影響なく取付
可能です。

詳しくは、是非ご相談下さい。

              ベイシス  担当 矢野/宇佐美

Sonic PLUS レボーグ

スバル レボーグ専用 に開発されたソニックデザインのSonic PULUS
です。取付時間も僅かで、車両を傷めることなく見事な音響バランスに仕上がり
ます。
Photo
詳しくは是非一度お問い合わせ下さい。

             052-461-8186 担当 矢野/宇佐美

2014年8月25日 (月)

ソニックデザイン サウンドアスロン

先日の日曜日に山梨県韮崎市にある『スポーツランドやまなし』にて開催されました モータースポーツ興奮 と カーオーディオの楽しみ を融合したイベント『サウンドアスロン』にベイシスもお客様と一緒に参加してきました。

001_2
今回のイベントもステージとPAのお手伝いして来ました。

今回のイベントはソニックキャンプでは行われないトークショーが行われました。
002_2
テーブル中央に座って見える方がレーシングドライバーの「荒 聖治」選手。カーオーディオだけでなく、Audiでのルマン参戦時のお話や現在参戦中のGT300の話など普段なかなか聞くことの出来ない楽しい話を多く聞くことが出来ました。
今回のイベントの目玉とも言える「荒 聖治」選手のエキシビジョン走行を間近で見る事が出来、さらに抽選でサーキット走行を助手席で体感出来るイベントも行われました。
ベイシスのお客様も当選し、貴重な体験をさせて頂きました。
003_2
エキシビジョン走行中のスープラ

さすがプロは違います。みなさん大興奮でした。これはその場にいた人でないと伝わらない部分が大き過ぎます。タイヤの焼けた匂いや車の走行スピードはもちろん、動き方など『これぞモータースポーツ』の一つを体感しました。
004_2
助手席への同乗走行はTOYOTA86

タイヤのみハイグリップの物に交換されていますがその他は市販車情態のままです。これに同乗された方は大興奮。身をもって体感するとまた一味違いますよね。
ホント市販車のままなのか疑いたくなりますがホントにそのままでした。
005_3
そんな貴重な体験をベイシスのお客様も体験させて頂けました

006_3
お客様も実際にサーキットコースをご自身の車で走行させて頂きました。なかなかそんな事は出来ませんからね。これもまた貴重な体験です。
そんな会場の中に置かれたスバルWRX STI を特別展示
007_3
本日より発売開始・・・ 1日早くない?

008_2
ソニックプラス インプレッサ専用スピーカー
SX-M01E(フロント+リア の6スピーカーセット)



009_2
今回のイベントも天候に恵まれ無事終了いたしました。
いつものソニックキャンプにはない興奮と熱気に包まれたこれまでにないイベントで車の楽しみ方を再発見したイベントとなりました。
ソニックデザイン様をはじめレーシングドライバーの荒聖治選手や多くの関係者の方々、参加されたお客様の皆さんお疲れさまでした。
また次回も開催予定のようですのでその際はまた宜しくお願いします。
今回参加出来なかった方も次回は是非ご一緒しませんか。
車の楽しみ方が変わるかも知れませんよ。

2014年8月23日 (土)

現場打ち合わせ

今日は旭化成ヘーベルハウス様で10月入居予定の春日井市のY邸
の現場打ち合わせにお伺いしております。
Photo お客様との十分な打ち合わせや、専門店ならではの提案やプラン作成は
当然ですが、ベイシスが比較的重要視するポイントはこの現場打ち合わせです。
卓上の構想やアイデアを実際に施工する各部門の職人に私が直接、相談・指示
致します。
職人の皆様も本物の「プロ」で、プロ同しならではのアイデアや工夫がここで生まれます。

2014年8月18日 (月)

繊細なAKURATEから感動のAKUBARIKへ

長年、映画や音楽を楽しんでいただいてるお客様。今回は、スピーカーの更新です。LINNより、ISOBARIKベースシステムを搭載したスピーカー。AKUBARIKをイベントで一聴して、『くりちゃん(私)!!これだわ!!』と。発表から導入まで少しかかりましたが、AKURATE242は、AKTIV化することなくその役目を終えました。


Img_4355

LINNのAKTIVとは、スピーカーに帯域別の信号(ST,T,M,UB,LB)をスピーカーのネットワークをパスして直接駆動させることをいいます。ユニット毎にアンプが必要になり、このAKURATE242は片側で5ch ×2chで合計10ch必要になります。


Img_4357_4

逆さにしてスタンドを付けて行きます。よく見るとユニットがむき出しですね。しかも反対についているし。そして、もう一つ。これは外から確認できませんが、キャビネットのなかでこのユニットと同じユニットが対になっています。これは、ユニット同士が押し引きをし制動しているんです。通常ユニットが大きくなることでストップ&ゴーがより難しくなり、強力なアンプを必要としますが、これは、すばらしい考え方ですね。そして、その効果は絶大です。低域のレスポンスは飛躍的に向上しており、そのメリハリのよさは、筆舌に尽くしがたい。このISOBARIKという方式は、すでに40年も前にLINNで採用されていたんですね。


Img_4360_2

スピーカーの大きさはほぼ同じ。従来の場所にきっちり設置が可能です。このスピーカーはすでにAKTIVになっており、既にパワーアンプが内蔵されているので、プリからのラインケーブルとそして電源を供給します。また、今回は映画をみるときに3Kアレイが目立つということを考慮し艶消しブラックでご用意いたしました。

Img_4359_2

スピーカー上部の放熱パネルを外すとダイヤルがでてきます。これで各ユニットを0.5dbステップで調整ができます。さらに初期調整した状態で出荷されるため、ユニットのばらつきは抑えられています。そのため、初期値は左右のスピーカーで多少違います。しかし、なんでこんな所に青色LEDなのでしょう。まぶしくてしょうがないです。


Img_4400 Img_4401_2
では、調整しましょう。スピーカーとしては、完成していますが、部屋に設置して最大限に能力を発揮してもらわないといけません。調整ソフトでイコライザーカーブを可視化しユニット毎に調整して行きます。ピークやディップはカーブでみて、調整する方向性を決めて行きます。最後は、聴感上ですが、これをやるだけで『なんか変だね!?』が一見してわかります。

2014年8月16日 (土)

スチュワートスクリーン修理

ご購入頂いて、10年を経過したスチュワートの130インチ
サウンドスクリーンです。

動作不良で、お客様よりご相談頂きお伺いしたところ
生地自体は全く使用状況が良好で痛んでなく、駆動系が
故障し全く動かない。

「中野さん、なんとかならないの~~」の声に・・・

ベイシス魂が黙っちゃいない。

持参していた在庫の下取り品パーツとの駆動系部品交換
にチャレンジ!
Photo
結果は?

丸一日掛かりましたが、帰りがけのお客様の「笑顔・笑顔」・・で
達成感100%でした。


2014年8月11日 (月)

新築・増改築時にしか出来ない事

最近増えてきたご相談です。

新築・増改築に合わせ、映像・音響の仕込み施工を考えたい。

家を建てる為の体力が必要な為、予算は限りがある。

大画面(100Ic以上)に限らず、大き目のTVでお願いしたい。

大部分の機材はとりあえず現在使用機材を使いたい。

ホームシアターマニアではないのでリビングとしての使勝手・デザイン
を大切にしてお願いしたい。

                           等々・・・・

大丈夫です
。ベイシスにお任せ下さい。

Photo

最近、ドンドン出てくる、ハイレゾやネットワークコンテンツを十分に
楽しもうとした時、既存の電気配線や、配管指示では不十分で、
興味を持てば持つほど、後工事で多くの予算が必要です。

新築・増改築時であれば、僅かの追加予算で実現可能です。

是非ご相談下さい。


   



2014年8月 8日 (金)

スバル&スバル

今日は偶然スバル&スバル!

 お客さま同しで、スバル談議に花が咲いていました!
Photo

スバル LEVORG レボーグ

納車が本格的に始まってるみたいで、連日ベイシスピットは

スバル レボーグ に占拠されております。

と・いうのもソニックデザインより発売された

  LEVORG 専用モデルスピーカーが好評で、
    取付時間も2時間ほど
       圧倒的な Hi-Fi 使用で¥100,000
                  Levorg      好評です!

2014年8月 7日 (木)

BGM

愛車のBGM環境で大切にしたいのは、
エンジンの鼓動・街の喧騒・海岸沿いの波の音・彼女のささやき・・・

コンテンツはその邪魔をしてはならない、

だからこそデザイン力や技術力が問われます。

「僕らの時間」の始まりです。Photo_4

アストンマーチン名古屋 パーティー

本日の任務はアストンマーチン名古屋様のパーティーのお手伝いです。

年に3~4回開催される、アストンのオーナー様をお招きしての
新型モデル発表会です。

ベイシスでは映像・音響・照明・マイク・・・の協賛をさせて頂いております。

映像=SONY業務用プロジェクターによるDEMO
音響=LINN社 EXAKTシステムによるハイレゾBGM&サルサミュージック
    の演奏
照明=スポット演出
マイク=ワイヤレスシステム

PM9:00 会も無事終わり、お帰りの皆様の「笑顔」が
              一番の贈り物でした。

Photo_3

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク