« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

H邸 その後 完成いたしました。

名古屋近郊に新築されたH邸の後日談です。プロジェクターは、使用しておりませんのでSONYのLCDにて気軽に楽しめるシステムです。新築の際には、ぜひともやりたいという念願もかない、引越後いろいろ映画をみたり、音楽を聴いたり楽しまれているようです。ハイレゾ音源もご自身でダウンロードされ、現行のシステムで試行錯誤されているようです。

Img_4006

スピーカーはB&W。お店で聴いてこれだ!と思い、ぜひとも使用したいとのことでした。塗装した天井埋込スピーカーですが、なかなか凝らしてみないとわかりませんね。視聴距離が2mほどしかとれないのでプロジェクターは断念。テレビも壁面に埋めてありますが、これも両サイドの壁からテレビに向かって少しずつ角度もたふかし、100mm程度、掘り込んでいます。


Img_4010

オーディオ収納もその分壁面に隠れているので圧迫感がありませんね。将来的にグレードの高いアンプにしようとすると奥行きが必要なので家具の奥行きも余裕をもって製作してもらいまいました。落ち着いて雰囲気でしっくり収まってますね。

この物件はご要望が多く、ブログアップをせかされておりました。お待たせいたしました。

2014年3月28日 (金)

LINN EXAKT FOR KOMRI ご自宅デモ

LINNのEXAKTシステム自宅デモンストレーションです。2007年にDS(ネットワークプレーヤー)をリリースし、2010年にDSM(ネットワークプレーヤー + プリ)を発表。2013年には、EXAKTシステムと矢継ぎ早に変革を遂げるLINNの新製品。ご自宅のシステムにて視聴をしていただきました。ただ、現行あるEXAKTは、KLIMAXシリーズで、KLIMAX350との組み合わせでの販売のため、KLIMAX350をお持ちの方でもアップグレードで420万円。スピーカーと組み合せての購入で840万円スタートなんですね。

今回は上記のどちらのプランでもなく、旧フラッグシップのKOMRIからのアップグレードです。EXAKTが発表される前にもLINNはAKTIVという駆動方式でスピーカーの実力を十分に引出させるよう考えてきましたが、その場合は帯域毎に信号を分割して送るチャンネルデバイダー(TUNE BOX)が必要でした。今回はそこをEXAKTシステムす置き換えることで最新のシステムに早変わりできるんですね。

Img_3932

上に乗っているのが、今回のKLIMAX EXAKT DSM(DS,DSMと筐体は同じですね。)その下は、まだ発売未確定ですが、PRIMAREのSP33。AVプリです。HDMIでも強烈な音が出ます。LINNのシステムは2chですので、EXAKTのHDMI出力をSP33に入れ、フロント成分がなくなったセンター、サラウンド、サラウンドバック、サブウーハーを受け持ちます。


Img_3933

こちらもすばらしいシステムですが、非常に簡素化されます。EXAKTはこういった旧来の餅は餅屋システムを全てデジタル化してスピーカーに内蔵されたEXAKTシステムにまで、ダイレクトにデジタル信号として送り、スピーカーの中の最後の最後でD/A変換するという画期的な考え方なんですね。
 お客様もスピーカーを変えることもしばしば考えられていましたが、一聴して早急にお願いしますというお返事をいただきました。

2014年3月24日 (月)

ECLIPSE TD508MKⅢ シアター

最近ECLIPSE TDシリーズが売れています。発売当初、タイムドメインなどコンセプトは、非常に画期的でした。それを追求することでのデメリットがありましたが、シリーズ3になってからというもの完成度が格段にあがったような気がします。音がよくなり実力が上がったことで、外観上(いわゆるスピーカーっぽくない)受け入れられてきたこともその理由でしょうか。

Img_3870_3

天吊ブラケットを付けて取り付けます。ケーブルも内部処理ができるよ構造上うまくできていますね。スクリーンは120ICです。通常100IC程度で両サイドにスピーカーを置きますが、サイズを優先したいとのことでした。


Img_3871
 
業者さんの元気でんきさん。何十年来とお付き合いをしていますので、シアターに関する仕事も速く、確かです。頼りになるやつです。


Img_3874

プロジェクターは惜しまれつつも、生産完了の三菱 LVP-7900。3Dの映像は、HC8000には劣りますが、2Dでは同等でリーズナブル。これだけのものはもうでないかもですね。


Img_3876

ルームですが、トレーニングをしながら、楽器を弾きながらと多目的にお使いになるお部屋のようです。完成後は、念願だったこの日がついに来た!と大変お喜びでした。
お礼のメールも何度も頂き、その極みも伝わってくるほどでした。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク