« タイムドメインスピーカーで構成するホームシアター | トップページ | 電動フリップアップモニターシステムの取り付け »

2013年9月20日 (金)

カーオーディオの各種端子について

今日はカーオーディオに必ず使うキボシ端子等に、ロジウムメッキを採用した商品を作っている、
F2Musicの社長さんが営業のため来店されました。
最初はギボシ端子のみでしたが、どんどんラインナップが増え、棒端子、Y端子、ファストン端子、
リング端子と充実したラインナップになってきています。
03_2
前回のギボシ端子の試聴の時も思ったのですが、小さな部品ではありますが、
はっきりとした効果を体感できました。
価格を考えるとコストパフォーマンスは高いと思います。
システムによりますが、数千円~の予算で交換可能です。

0102_2
試聴したのはかわいいサイズのシステムで、アンプは何と乾電池で動いています。
それでも音質の差がはっきりとわかりますので、高級カーオーディオでしたら、
大きな差になると思います。
商品の価格や詳細はメーカーホームページでご確認頂けます。
http://www.fun2music.jp/

宇佐美


« タイムドメインスピーカーで構成するホームシアター | トップページ | 電動フリップアップモニターシステムの取り付け »

カーオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーオーディオの各種端子について:

« タイムドメインスピーカーで構成するホームシアター | トップページ | 電動フリップアップモニターシステムの取り付け »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク