« LINN UKツアー2013 Vol.5 〜LINN HOMEにて | トップページ | BMW MINI COUPE 入庫中 »

2013年9月30日 (月)

LINN UKツアー2013 Vol.6 〜IN FACTORY

LINN UKツアー2013 Vol.6 〜IN FACTORY

R0011110

2つのパーティーに分かれ、白衣をまといます。これはなんでしょう。靴の裏と体の一部(足)をシートでくっつけます。帯電した電気を地面に流す(アース)ためなんですね。では、LINNの内部に潜入しましょう。


R0011101

筐体のプレス、曲げ加工後

R0011103

少し見づらいですが、ブラックの焼き付け塗装後です。ぶら下がりながら決められたルートをくるくる回っているのですね。

R0011099

色別、機種別に。だんだんと感じがでてきましたた。

R0011105

シャーシも組み上がってきましたよ。

R0011107

ここは、基盤実装をするセクター。さすがに、手作業ではなく機械がが行います。

R0011109

チョコレートのようです。

R0011111

ハンダを流し込む青写真ですね。ここにコンデンサーやチップなどが組み込まれ、基盤ごと高温で処理する機械に流れていきます。いったん固まったハンダはここでもう一度解けて組み込んだパーツがハンダ付けされるのです。

R0011112

ラインから出てきた基盤です。この配置を見て美しいと思う方はちょっとマニアックすぎますよ。

R0011375

ここでは、主に組み立てを。LINNは、ライン作業ではなく、作業員のところまで、パーツをロボットが運んでくるんですね。これは『シングル・ステージ・ビルド』というLINNのコンセプト。作業効率よりもパフォーマンスの向上を考えているのですね。LINNの製品には、組み立てた人のネームが入っています。今の生産量では、ちょうどいいのかもしれませんね。

R0011115

先ほど機械では、組み込めない大きなコンデンサは、手作業です。

R0011117

年齢層は、幅広いのですが、年配の方が多いですね。今日は、2日後のセレモニーを控え、少ない方だとか。

R0011119

1枚作るのにどれくらいかかるのでしょう。気の遠くなる作業のような気がします。

R0011122

出来上がった基盤の回路をチェックする部署。

R0011123

さあ、組み上げていきます。写真はMAJIK DS ですね。

R0011114
KLIMAX350A。多くの人が携わって商品が仕上がるわけですね。写真はありませんが、サービス(修理)部門も併設されており、各国のディーラーでは、修理不可能なものは、このメインファクトリーに集まってきます。そういえば、まだ3KアレイやフラッグシップのKLIMAXの筐体はでてきませんね。


« LINN UKツアー2013 Vol.5 〜LINN HOMEにて | トップページ | BMW MINI COUPE 入庫中 »

ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LINN UKツアー2013 Vol.6 〜IN FACTORY:

« LINN UKツアー2013 Vol.5 〜LINN HOMEにて | トップページ | BMW MINI COUPE 入庫中 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク