« 『ベイシスサマーフェスティバル2013』開催のお知らせ ※終了しました | トップページ | 『ベイシスサマーフェスティバル2013』開催中!! »

2013年7月19日 (金)

『SONY×LINN合同試聴会』イベントリポート

先週末の7月13日(土)、14日(日)に、
ソニーの4Kプロジェクター『VPL-VW1000ES』と
発売されたばかりのLINNのアクティブスピーカー『AKUBARIK』を核とした構成で
『SONY×LINN合同試聴会』を開催致しました。

本日は、その様子をお知らせしたいと思います。

10
※機材を設置したところ。フロントに鎮座するのが『AKUBARIK』

14
※『AKURATE DSM』。BDプレーヤーからHDMIで入力して、
  フロントはここから『AKUBARIK』へプリアウトします。

今回は、4Kの映像はもちろんですが、音の部分でも一歩先をゆく、
新しい体験をしていただきたいと思って構成させていただきました。

特に核となるのが、LINNの『DSM』。
近年LINNが提唱しております『DS(デジタルストリーム)』に
“マルチ”という意味での『M』を付け加えて、
音楽だけではなく、テレビやBD、ポータブルオーディオからパソコンなど
ありとあらゆる音源をこの一台でまかなってしまおうという、大胆な発想です。

ピュアオーディオファンだけではなく、
ホームシアターファンにもアピールできるこのシステム。
ベイシスでも既にいくらかのお客様にインストールさせていただいておりますが、
改めてこのイベントで体感していただきたいと思い構成致しました。

01

そのオーディオシステムを解説していただくのは、LINNジャパン代表「山口伸一」氏。
『DSM』と、そしてもうひとつの目玉であるアクティブスピーカー『AKUBARIK』について、
様々な音楽ソースを用いて解説してくださいました。

03
※LINNジャパン代表「山口」氏

特に「Kelly Sweet『Nella Fantasia』at We Are One」の美しい歌声の再現性、
「高橋美智子『下山一二三:響木Ⅱ』at 驚異のコントラバスマリンバ」の低音のキレ、
いずれも圧倒されてしまいました。

後半は、いよいよソニー4Kプロジェクターの登場です。

05
※ベイシスではお馴染みのソニーマーケティング「清水潤一」氏による講演

4Kプロジェクター『VPL-VW1000ES』を取り上げるのは、
これで3回目となりますが、発売から既に2年近く経つのにもかかわらず、
ホームユースプロジェクターの雄として、そして唯一のネイティブ4Kプロジェクターとして、
頂点に君臨し続けております。

今回の注目は、雑誌「HiVi」や「AV REVIEW」でも取り上げておりました
“4KマスターBD”と通常のBDとでは、どれほど画質が違うのかというところです。

09
※映画『アメイジング・スパイダーマン』

この度、ご紹介くださったソフトは2つ。
・アメイジング・スパイダーマン
・天使と悪魔
通常のBDについてくる特典映像をなくす代わりに、映像によりデータを与えているので、
映像の鮮明さが全然違います(数値で言うと、10Mbpsほど転送量が上がっている)。

上記ソフトの例で言えば、
スパイダーマンが身につけているスーツの編み込み具合や、
蜘蛛の糸が、それこそ細かい一本一本まで明確に表現されてるところ、
天使と悪魔における陰影表現。
一度見てしまうと、通常のBDが物足りなくなってしまう
映像の綺麗さにはため息が出てしまいます。

残念ながら、これら4KマスターBDは日本未発売ですが
いずれは発売される見込みだそうですので、発売が本当に楽しみです。

また、上記のデモンストレーションに加えて、
現在BS-TBSで放映されている4Kカメラによって撮影された番組
『世界遺産』の紹介もしてくださいました。

06
※テレビで放映されたものをBDにダビングしたもの。
  そこに、プロジェクターで4Kにアップスケーリング。

4K映像の本放送は来年夏を予定している模様ですが、
コンテンツを製作する側は着々と準備を進めているようですね。

最後に、4Kコンテンツが収録されたHDDプレーヤーで
ネイティブ4Kの試写も行いました。
現在劇場公開中のウィル・スミス主演『アフター・アース』のトレーラー映像と、
世界遺産の風景を納めた映像でしたが、
やはりBDと違ってネイティブ4Kならではの迫力と生々しさが伝わって参りました。


イベントは、いずれの回も満員御礼。
お暑い中、お越しいただきましたお客様には改めてお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

さて、また8月、9月とホームシアターのイベントを企画中です。
8月は、久々にディスプレイを取り上げようかと考えています。
もちろん“4K”。ソニーの『4K BRAVIA』を中心に構成を検討中です。
また、9月は三菱のDLPプロジェクター「『LVP-HC8000D』使いこなし術」と
銘打って開催しようと考えております。

内容が決まりましたら、またこちらのブログでご紹介する予定なので、
楽しみに待っていてくださいね!


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      ホームページ:http://www.basis-jp.net/
             facebookページ:http://www.facebook.com/basisdesign
                  ↑イベントや新商品情報など随時更新しています!ぜひ『いいね!』をお願いします☆
      E-mail:info@basis-jp.net

« 『ベイシスサマーフェスティバル2013』開催のお知らせ ※終了しました | トップページ | 『ベイシスサマーフェスティバル2013』開催中!! »

ホームシアター・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『SONY×LINN合同試聴会』イベントリポート:

« 『ベイシスサマーフェスティバル2013』開催のお知らせ ※終了しました | トップページ | 『ベイシスサマーフェスティバル2013』開催中!! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク