« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

続・音の良いCD

先日ちらっとご紹介した
『ZOUNDS MUSIC(ゾーンズミュージック)』のCD。

Zounds_logo
「“音が良いCD”ですよ♪」
とご紹介したところ、結構な反響をいただきまして、
やはり“パッケージメディア”としての「CD」は
まだまだ健在なのだなと思いました。

そこで、もう一度ご紹介したいと思いまして、記事にしてみました。
特にBILLY JOEL『THE GOLDEN ESSENTIALS』はご紹介すると、
みなさま「ぜひ欲しい!」とおっしゃっていただける逸品ですね。

01

先日は中身までご紹介できませんでしたが・・・

0203

今と昔のビリー・ジョエル。
輸入盤なので、ブックレットはもちろん英語です(;^ω^)

05

2枚組みCDとなっています。

04

こちらが収録曲。

どうしてこのCDがここまで人気なのかというと、
ビリー・ジョエルに至っては“録音の良い(音の良い)”CDがないのだとのこと。
レコード盤はたくさんもっているのだけれど、
それと同じ曲をCDで聴くとすごくがっかりしてしまうのだとか。
今日も、お客様と一緒になってお店のシステム
(「DIATONE.SOUND.NAVI」×「SonicDesign」の組合せ)で聴いてみましたが、

「もう、全然違う!これは良い」

とおっしゃっていただくほどでした。
別に自宅で聴くだけでしたらレコード盤でもいいかもしれません。
といっても、レコードプレーヤーがあるご家庭も少ないか・・・。
それを、クルマでとか、ポータブルオーディオプレーヤーに入れてとか、
ましてやネットワークオーディオプレーヤーでとなりますと、
やはり“CD”を持ってこざるを得ません。
そこで、音が悪いとなりますと、正直言って、がっかりしてしまいますものね。

このCDは2枚組みで¥7350と、ちょっとお高いですが買う価値はあると思います。

同じ『ZOUNDS RECORDS』で、
「サイモン&ガーファンクル」や「TOTO」、「Huey Lewis and News」など
非常に分かる方にとっては、ツボをついたラインナップが取りそろえられています。
店頭にもいくつか在庫はございますが、ご希望の方はお取り寄せもできますので、
お気軽にお問い合わせください。

『ZOUNDS RECORDS』はカーオーディオ製品の
総合商社エムズライン様が取り扱っておりますので、
ラインナップはそちらをご覧ください。
http://www.ms-line.co.jp/zounds.html


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      ホームページ:http://www.basis-jp.net/
             facebookページ:http://www.facebook.com/basisdesign
                  ↑イベントや新商品情報など随時更新しています!ぜひ『いいね!』をお願いします☆
      E-mail:info@basis-jp.net

2013年5月28日 (火)

地上の頂点に立つ、ファーストクラスSUV『メルセデスベンツ GL-Class』リアモニターの取付

『メルセデスベンツ GL-Class』。

そのキャッチフレーズが表す通り、
SUVとしては間違いなく頂点に君臨するであろうクルマ。

01_2

今回ご紹介しますのは、リアモニターの取付になります。
取付にあたりまして、オーナー様より『純正のように取りつけて欲しい』という
ご注文がありました。

Img_amg_11
※純正オプションを付けるとこんなイメージです

リアモニターの取付に関しては、
ホームページでもいくつか取付事例をご紹介させていただいておりますが、
その中でも、同じベンツ『E250』の方法が参考になります。

20120531_04
※ベイシスのホームページより。ベンツ『E250』

さらに、純正の意匠デザインを参考にして
取りつけるためのBOXを製作し、取りつけていきます。

02

どうでしょう?
まるで純正のような仕上がりになっていると思いません?

03

ちなみに映像はフロントのモニターから送り出しています。
もちろんリア専用に別途DVDプレーヤーなどを取り付けて、
フロントとリアで、別々の映像を出す事も出来ます。
ただ、それですと操作方法がやや複雑になってしまうので、
今回はあくまでシンプルに、簡単に操作できるよう
フロントから送り出すことにしました。


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign
      E-mail:info@basis-jp.net

2013年5月27日 (月)

“正確な音”の実現。タイムドメインで構成するホームシアター。

音響情報の塊である“インパルス”。
そのインパルスに着目し、『“正確な音”の再生』を目ざした究極のスピーカー、
それが富士通テン/ECLIPSEの『TD(タイムドメイン)シリーズ』。

ベイシスでも、とても人気の高いスピーカーで、
特に初めてこの音をお聴きになるお客様は、みなそろって驚かれます。
フルレンジとは思えない低音のボリューム。ボリュームを上げても聴き疲れしない柔らかさ。
奏者が目に浮かぶかのような定位感などなど・・・。

本日、ご紹介するお客様はそんな魅力にとりつかれてしまったひとりでございます。

もともとフロントスピーカーに最上位モデルであります『TD712zMK2』と
サブウーファーに同じTDシリーズより発売しております『TD725sw』をお使いのお客様。
初めてこのスピーカーを聴いた衝撃が忘れられず、思わず購入してしまったとのこと。

それが今年に入りまして、もっと『音を良くしたい』と
まずは春先にセンタースピーカーに『TD510MK2』を導入させていただきました。

04

実は、その時も少しご相談させていただいたのですね、
「リアスピーカーにも、タイムドメインを入れたい」と。

06

その時は、リア&サラウンドバックにLINN『UNIK』をお使いでした。
当初は、『TD508MK3』を同位置に付けかえようかとお話しておりましたが、

いっそのこと、サラウンドバックを止めて、
センタースピーカーと同じ『TD510MK2』を天吊りにしましょう!

というお話になりまして、先日行って参りました。

『TD508MK3』と『TD510MK2』は、ユニットこそ2cmしか違いませんが、
その分、エンクロージュア内の体積を2倍以上取らないといけないため、
サイズがひとまわりもふたまわりも大きく、
そして当然の事ながら、重さも2倍以上になります。

天吊りに関しては、『TD508MK3』と共通の天吊りブラケット(CB1)が使用可能ですが、
何せ重さが問題です。ちょっとしたプロジェクター並みにありますからね。

01

何はともあれ、施工開始です。
まずは養生をして今あるスピーカーを取り払います。
スピーカーケーブルも今あるものは抜いて新しく壁面から天井に向けて
入線をし直さなければなりません。

02

天井に取りつける位置は、
スピーカーの方向と傾斜角度を考えながら決めていきます。
この辺は、取扱説明書に型紙がありますので、それを天井に貼って
ネジの位置やケーブル取り出し位置を確認します。

03

おりゃっ!と、ブラケットを天井に固定します。
ブラケットの手前にスピーカーケーブルが出ていますが、
スピーカーを取り付けると、これが隠れてしまいます。

04_205

お待ちかね(?)の天井裏。
壁から天井までは、プロジェクターへの配線で使用していた既設の配管を使いました。
しかし、この季節、天井裏は蒸し暑い・・・><

06_2

これだけ準備が整えば、後は取りつけるだけです。
さすがに重さ約10kgのスピーカーをブラケットにはめ込むのは難儀しましたが、
無事装着することができました!!

07

ちなみに、取付にあたりましてスピーカーのアームの位置を前後入れ替えています。
というのも、視聴位置がやや後ろよりなこともあって、
スピーカーをかなり鋭角に下げなければなりません。
デフォルトの位置ですと限界がありますので、
前後入れ替えた上で、更に下に向けられるようにアームの位置を決めました。
結果、ちょうど耳の高さユニットが来るようになりました。

音の調整は、視聴位置までの距離をメジャーで正確に計測した上で、
聴感により調整していきます。
だいたい各チャンネルの音が均一になるように。
それから実際にソフトでチェックしていきます。

08

個人的に最近よくチェックソフトとして使っているのがBDソフト『LEGEND OF JAZZ』。
そこに収録されている「TAKE FIVE」は曲としても分かりやすいので、重宝してます。
そして、実際に聴いてみたところ、
やはり同一シリーズのスピーカーということもあって、
音色が統一され、全体的に聴きやすくなりました。
また、サラウンド成分が今までよりずっと引き締まって、
その効果を十二分に味わうことができます。
まるでこの部屋が、収録スタジオかと思うほどでした。

お客様も、非常に満足していただきまして、
「まあしばらく(スピーカーは)買い換えることはないだろう」とのこと。

にしても、本当に良いスピーカーですね、タイムドメイン。


ちなみに、6月8日(土)、9日(日)の視聴会には
最上位モデル『TD712zMK2』がお目見えしますので、
『TD510ZMK2』、『TD508MK3』の聴き比べもできるチャンス!
この機会に、ぜひぜひご来場くださいませ☆


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign
      E-mail:info@basis-jp.net

ソニックデザイン『ロゴバッジプレゼントキャンペーン2013』開催!

いよいよ来週に迫って参りました、
『ソニックデザイン・リスニングキャンプ』

ベイシスからは、代表の中野、カーオーディオ担当の矢野が
自慢のデモカー(メルセデスベンツ・B-class)で参加させていただきます。

一般のお客様もどしどし参加していただきたいのですが、
そんなお客様に朗報です。

本日より、対象のソニックデザイン製品をお買い上げのお客様に
もれなくソニックデザイン純正ロゴバッジがもらえる
『ロゴバッジプレゼントキャンペーン2013』を開催致します!

Main_2

そもそも、「ソニックデザイン純正ロゴバッジ」は
ソニックデザインが手がける
最高級コンプリート・カーオーディオ『The Suite』
の為に製作された特製品!

ソニックデザインのロゴがアルミニウム無垢のベースに
浮き彫りになった精巧なデザイン。
サイズは小さいながらも、表面は手作業でのダイヤカット加工を施しておりますので、
音質はもちろん、美観にも影響を与えることなく、
車内にワンポイントの輝きを添えること間違いなしです。

そして何よりも、ロゴバッジの装着はソニックデザイン・オーナーの“証”。

ソニックデザイン製品の特徴として、
「車内のインテリアを損ねない」ことが上げられますので
数々の施工例を紹介しましたが、
パッと見、「ソニックデザインのスピーカーがインストールされてます」と
わかりにくいんですよね。
特に最近人気の車種別専用設計『SonicPLUS』は、まるで分かりません。
そこに、きらりと光る純正ロゴバッジ。
視覚的にも、ソニックデザイン・オーナーとして
誇らしい気持ちになるのではないでしょうかw


キャンペーンの対象商品は、
「プレミアムライン」「カジュアルライン」「デジコア」「SonicPLUS」
「The Suite PREFIX(スピーカーモジュール)」の全製品。
※「SonicKIT」、「The Suite」「The Suite PREFIX(コンプリートシステム)」は対象外です

Fig

ロゴバッジは、対象商品1セット
(プレミアムラインの25mmトゥイーター単品につきましては、2台で1セットとします)につき、
1ペア(2個)ずつ、商品のお引き渡し時にプレゼント致します。
もし、スピーカーに装着をご希望のお客様にはその旨お伝えいただければ、
無料でお取り付けさせていただきます。

さあ、来週のリスニングキャンプはぜひこのロゴバッジを付けて参加しよう!


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign
      E-mail:info@basis-jp.net

2013年5月26日 (日)

『ソニックデザイン リスニングキャンプ』にベイシスが参加します!!

先日アナウンスさせていただいた
6月2日(日)山梨県笛吹川フルーツ公園で開催される
『ソニックデザイン リスニングキャンプ』

“ソニックデザインの音にご興味いただけるすべての方”

を対象に、ソニックデザイン・オーナーも、そうでない方も、
そして、メーカーや販売店といった垣根を越えて、
色々な方とふれあうことで、カーオーディオの楽しさを再発見していただく、
そんな楽しいイベントをめざしています☆

Fig1_3

そんな楽しいイベント、
お祭り好きのベイシスが参加しないわけにはいかないですよね。

というわけで、
ベイシスも、自慢のデモカーで参加することになりました!

代表の中野、カーオーディオ担当の矢野が会場でみなさんをお迎えする予定です。

そして、ご用意させていただくデモカーは、お馴染みのベンツBクラス。
コンパクトカーでありながら、プレミアムライン×デジコアの贅沢な組合せで
見た目とは裏腹に、上品な音楽をお届けしたいと思います。


また、イベント追加情報としてソニックデザイン様から、
会場マップが届きました!

Listening_campaign_map_2

当日は、会場周辺に「LISTENING CAMP」ののぼりを立てて、
お客様をお待ちしてくださるようなので、のぼりを目印に会場へGo!!

さらに、オーディオ評論家の黛 健司(まゆずみ けんじ)様による
『サウンドクリニック』も同時開催。
カーオーディオ評論の第一人者である黛様をアドバイザーに迎えて
参加者の皆様の車両を直接試聴。
より良い音を楽しむためのアドバイスをしたり、
皆様からのご質問にお答えしてくださいます。
受講時間は約20分間、料金は1台3000円(税込)になります。

なお、このサウンドクリニックは事前申し込みが必要になります。
申し込みはベイシスにて承りますので、
ご希望の方はカーオーディオ担当:宇佐美、矢野までお申し付けください。

※募集台数は10組を予定しております。お申し込みは先着順となり、
  予定台数に達した時点で募集を締め切らせていただきます。
※5/24、現在まだ空きはございます。

それでは、会場でみなさまにお会いできることを楽しみにしています!


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign
      E-mail:info@basis-jp.net

2013年5月21日 (火)

トヨタ・ハイエース『カロッツェリアX』のインストール

『カロッツェリアX』
パイオニアが手がけるカーオーディオ製品のフラグシップ。

今や日本で、このクラスの製品を作る製品も少なくなりました。
特に大手となりますと、もうパイオニアだけですね。
ベイシスでも、数多くのクルマにインストールさせていただいています。

さて、そのカロッツェリアXを導入するクルマというのがこちら!

20130521_01

トヨタ・ハイエースです。
こちらに、ヘッドユニットとプロセッサーをインストールします。

20130521_02

スピーカーもカロッツェリアのフラグシップ、『RSシリーズ』で統一。
以前は、『DEX−P1』でこれらを鳴らしていたとのこと。
それを『RS-D7XⅢ』に交換しました。

Img_zoom_1
※『RS-D7XⅢ』

20130521_06
※助手席側のダッシュボードに装着

もちろん、専用電源フィルター『RD-7X』も一緒にインストールさせていただきました。

20130521_03

プロセッサーは、後部座席に設置されたBOX内に設置。

20130521_0420130521_05

インストール後は、カロッツェリアXを調整するための専用ソフトウェアで
事細かに音を追い込んでいきます。
もちろん、最後は聴感での調整。

そして、実際に聴いてみると、とても車内環境とは思えない音の良さ。
しかも、最近のデジタルデジタルという感じではなくて、
いわゆるアナログっぽさが際立っていて、ものすごく聴きやすいです。

これを聴きながら運転できるってうらやましい・・・。
と思ってしまった、クルマです。


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign
      E-mail:info@basis-jp.net

2013年5月17日 (金)

『JVC・NASPEC・ECLIPSE合同視聴会』開催のお知らせ ※終了しました

6月2日(日)JVCケンウッド様主催で
『麻倉怜士氏 4K PREMIUM鑑定団』
名古屋国際センターにて開催されました。

そこで、ベイシスのではその翌週6月8日(土)、9日(日)に
AV評論家の藤原陽祐先生をお招きして、
4K対応D-ILAプロジェクターのプレミアムモデル『DLA-X95R』を核にした
『JVC・NASPEC・ECLIPSE合同視聴会』を開催します!
※藤原先生のご講演は8日(土)のみとなります。

20136_1

開催日時:2013年6月8日(土) 藤原先生ご講演
              ①14:00~15:30
              ②16:30~18:00

            6月9日(日) メーカー担当者によるデモンストレーション
              ①11:00~12:30
              ②14:00~15:30

       ※よりよい環境でご体感いただくために、ご予約をお願いしております。
      各回とも定員とさせていただきます

開催場所:ベイシス シアタールーム
        愛知県名古屋市豊国通3-8-1
          ※駐車場がございますので、お車でのご来場もOKです

使用予定機材
      ・プロジェクター:『DLA-X95R』 by JVC
      ・BDプレーヤー:『Azur752BD』 by ケンブリッジオーディオ
      ・BDプレーヤー:『BD32』 by PRIMARE
      ・AVコントロールアンプ:『PR-SC5509』  by オンキヨー
      ・9chパワーアンプ:『PA-MC5501』 by オンキヨー
      ・スピーカー:『TD712zMK2』 by 富士通テン 他
      ・サブウーファー:『TD725sw』 by 富士通テン

また、今回は、富士通テンよりタイムドメインスピーカーの
フラグシップモデル『TD712zMK2』が久々に来場!

130319td712zmk2bk_2shotthumb640x640

5chすべてにTD712zMK2を使いますので、
これまでにない音の迫力をいうものをご体感いただけると思います!

また、会場には下位モデル『TD510ZMK2』と『TD508MK3』も展示がございますので、
ご希望のお客様には、そちらの試聴も可能です!

BDプレーヤーには、これまた発売されたばかりの
ケンブリッジオーディオ『Azur752BD』。

Azu752bd_3dblerayuniversalplayer_co

このモデルから新たに4Kアップスケーリング機能を搭載。
『DLA-X95R』との相性も見物です。

また、オーディオに特化したモデルとしてプライマー『BD32』も展示致します。

59d3d00f025fe8102c30ed470fdc6a32

こちらは、アナログマルチチャンネル接続にて
“音の良さ”について追求する予定です!

イベントに関するお問い合わせは、ホームシアター担当/中野、栗本、金子まで。


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign
      E-mail:info@basis-jp.net

2013年5月14日 (火)

JVC『麻倉怜士氏 4K PREMIUM鑑定団』開催のおしらせ-終了しました-

Img_3808

「いま 何故4Kなのか・・・高画質大画面での感動力は!?」

6月2日(日)、JVCケンウッド様主催による
「麻倉怜士氏 4K PREMIUM鑑定団」が名古屋で開催されます。

フルハイビジョン(2K)時代における4K解像度の魅力及び、
新しくなったJVC独自の映像処理技術MPC(マルチプル・ピクセル・コントロール)の
使いこなしまで、AV評論家の麻倉怜士氏に大いに語っていただきます!

・開催日時:6月2日(日)
        ①13:00~14:30
        ②15:30~17:00 各回 約90分

・開催場所:名古屋国際デザインセンター6階 セミナールーム3
        (住所:愛知県名古屋市栄3-18-1)

イベントの内容は概ね以下の通りです。

・CES2013の話題をまじえ、これからの時代が求める映像環境について
・120インチ 16:9スクリーンによる、「4K2K超高解像映像体験」
  →新旧モデル対決もあるよ!
150インチ シネスコスクリーンによる「究極のシネマ」体験
  →4Kで味わう超高画質大画面の魅力「感動力とは・・・」
    プレミアムモデル『DLA-X95R』で、
    名作/感動のシーンを麻倉先生オリジナルチューニング画質で!

特に、150インチシネスコスクリーンによる視聴は、
こういったイベントでしか体験できない貴重な機会です。
ぜひとも参加したい!というお客様は、一度ベイシスへお問い合わせください☆


150インチシネスコスクリーンといえば、
音源出版主催の「ホームシアターグランプリ2013」にて、
専用シアター部門①で金賞を受賞いたしました、
「愛知県名古屋市T様邸:地下室シアター」で導入させていただきましたねw

0302_3

しかも電動カーテンとの組合せで、画角を変更するギミックも搭載!

まあ、とにかく大きい。これは本当に見た方がいいです!



-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign
      E-mail:info@basis-jp.net

ソニックデザイン『リスニングキャンプに行こう!』キャンペーン開催中です。-終了しました-

6月2日(日)にソニックデザイン様主催で開催される、
『ソニックデザイン リスニングキャンプ』

その開催を記念して、ベイシスでは、
対象商品の税込価格合計の最大7%をご購入サポート金としてお客様に還元する
『リスニングキャンプに行こう!』キャンペーンが開催中です。

キャンペーン概要は以下の通りです。

開催期間中にソニックデザイン製品をご契約いただいたお客様に対して、
※取付は開催期間後でもOK

●お買い上げ税込商品価格50万円未満
                   →税込商品価格の3%相当額
●お買い上げ税込商品価格50万円以上100万円未満
                   →税込商品価格の5%相当額
●お買い上げ税込商品価格100万円以上
                   →税込商品価格の7%相当額

を還元致します。

対象商品は、「SonicPLUS」を除くすべてのソニックデザイン製品です。
ただし、取付工賃など商品価格以外の費用は
本キャンペーンの対象ではありませんので、ご注意ください。

イベントについてのお問い合わせは、
カーオーディオ担当/宇佐美、矢野 までお気軽にドウゾ!


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign
      E-mail:info@basis-jp.net

『ソニックデザイン リスニングキャンプ』開催のお知らせ-終了しました-

Photo
この度、ソニックデザイン様主催で、
ソニックデザインを愛する人たちが集う初のミーティングイベント
『ソニックデザイン リスニングキャンプ』が開催されます。

「事前申し込み不要」「参加費不要」「集合・解散時間自由」「仕切りなし」「勝敗なし」

という業界初(たぶん)のユ ル~いイベントです。

ソニックデザイン製品をお使いの方はぜひ愛車とともにご参加いただき、
他の参加者の方に聴かせてあげてください。
もちろん聴きに来て いただくだけでもOKですし、
ソニックデザイン製品のオーナーでない方も大歓迎。

この機会にソニックデザインの魅力に大きく迫ってみてはいかがでしょうか?

・開催日時:2013年6月2日(日)午前10時~午後3時 ※雨天決行
・開催場所:山梨県笛吹川フルーツ公園・第二駐車場特設会場

ご来場に際して事前の申し込みは不要です。
上記開催時間中のお好きな時間に直接お越しいただき、
お好きな時間にお帰りください。
イベントを充分お楽しみいただくため、
遅くとも午後2時頃までにお越しいただくことがお薦めです。

参加資格は、ソニックデザインの音にご興味をお持ちいただけるすべての方
興味さえお持ちいただければ、ソニックデザイン製品をお持ちでなくてもOK!
ぜひともこの機会に、ご来場いただいてソニックデザインの音に触れてください。
きっと、これまでにない感動が待っているはず。

イベントの詳細は、ソニックデザイン様のホームページをご覧ください。
ソニックデザイン リスニングキャンプ

また、ベイシスではこのイベントに併せて、
5月26日まで、ソニックデザイン製品の最大7%をキャッシュバックする
「リスニングキャンプに行こう!」キャンペーンを開催中です。
ソニックデザイン製品はベイシス店内にて、随時試聴可能です。
この機会に、ソニックデザインの音に触れてみてはいかがでしょうか?


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign
      E-mail:info@basis-jp.net

2013年5月13日 (月)

レクサス『RX』 純正ヘッドユニットを活かしたカーオーディオ

ゴールデンウィークも明けて、ベイシスは本日も平常運転です。

さて、本日ご紹介するクルマはこちら!

20130510_04

レクサス『RX』です。
日本国内ではかつて、『ハリアー』と呼ばれた“高級クロスオーバーSUV”ですね。

こちらに、オーディオを施工させていただくのですが、
純正のヘッドユニットを活かして構築することをご提案いたしました。

その要になるのが、オーディオ・プロセッサー『bit Ten』
20130510_05
※audison製オーディオプロセッサー『bit Ten』

純正のヘッドユニットから、スピーカー出力の信号を取り込んで、
音声信号を作り直す作用をします。

そもそも、純正のヘッドユニットには、基本的にいわゆる「プリアウト」がありません。
したがって、パワーアンプなどを追加させることができないんですね。
そこで、この『bit Ten』のようなオーディオプロセッサーを加えることによって、
「プリアウト」がないヘッドユニットでも、
パワーアンプや、サブウーファーなどの音質向上アイテムを追加することが出来ます。

今回は、純正では3way構成だったフロント部を、
先日発売されたばかりのDIATONE『DS-G20』で、2wayに構成し直します。

Top_img
※『DS-G20』

パワーアンプにカロッツェリア製2chパワーアンプ『PRS-D700』を、
左右それぞれに使い、バイアンプで駆動させます。

K0000371866
※『PRS-D700』

つまり、純正ヘッドユニットからのスピーカー出力(Low/Mid/High)を、
『bit Ten』に取り込んで、Low/Highに構成し直した上で、アンプに接続します。
また、クロスオーバーなどの細かい調整も『bit Ten』で行います。

20130510_01

アンプやプロセッサーは、ラゲッジスペースに設置。

20130510_02

スピーカーは純正位置に取り付ける予定です。

20130510_03

センターコンソール部からは、各信号線を入れる為にパネルを取り外し。
繊細な部分はマスキングテープでしっかり養生して作業にあたります。

現在の完成度は70%というところでしょうか。
ある程度機材は納めていますので、細かい配線作業の最中です。

実はこの後、カーセキュリティの施工も待っています。
後日、その作業のようすもお伝えできればと思っていますw


-音楽の魅力を存分に引き出す遊び心を大切に-
  ホームシアター&カーオーディオ・セキュリティ
   ベイシス【BASIS】
      http://www.basis-jp.net/
             http://www.facebook.com/basisdesign

2013年5月 6日 (月)

遊べる家を創ろう

たまの休みにソファーでまったりするのもいい
ガーデニングに興じるのも良さそうだ
でも、100インチを超える大画面でスポーツ観戦や
... 映画が観れたら、生音に近い音楽に包まれたら、
これは楽しいどころじゃない。

映画の続きをバスルームや寝室で楽しめたり
外出先から部屋のエヤコンや玄関先、庭の照明
などのコントロール、ペットの様子確認ができたら、
これも楽しそうだ。

BASISの提案する「スマート・ソリューションハウス」
私たちは遊べる家創りをお手伝いします。
Photo

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク