« Acoustic Grove System『ANKH(アンク)-Ⅲ』DTシリーズを聴いてみた | トップページ | BMW『116i』オーディオシステムの移設 »

2013年2月28日 (木)

Zonotone/ゾノトーン スピーカーケーブル『Blue Spirit-777SP』を聴いてみた。

Zonotone
ブランドの誕生は2007年と比較的新しいのですが、
独自のDMHC構造をひっさげ、
信号ロスのない“ピュア&パワー”の“純粋伝送サウンド”を実現しており、
しかも、すべてが“メイド・イン・ジャパン”。
瞬く間に、オーディオ・ファンの人気を獲得するに至りました。

本日ご紹介するのは、そのZonotoneが昨年発売した『Blue Spirit-777SP』。
従来のMeister(マイスター)やGrandio(グランディオ)シリーズと異なり、
導体に新開発の”モダーン錫メッキ線”と高純度銅線の3種ハイブリッドを採用。
これまでのZonotoneとは一線を画す仕上がりになっています。

20130228_01
※『Blue Spirit-777SP』

そのデモ機が本日届きましたので、今週末のイベントの準備もかねて、
さっそく聴いてみることにしました。

20130228_02_2
※スピーカーは富士通テン/イクリプス『TD510ZMK2』。アンプはIntegra/オンキヨー『DTR-70.4』

20130228_08
※太さの比較

先日の『ANKH-Ⅲ』と同じく、
『DTR-70.4』のネットワークオーディオ機能を使っての試聴です。

曲は同じく、LaidbacK「reframe」より『Just The Two Of Us』を中心に色々と。

ファーストインプレッションとして、
思ったほど綺麗すぎず、柔らかくも力強い感じがしました。
Zonotoneというと、音が綺麗で、スッキリした感じという印象なんですよね。
ただ、それがややもするとちょっとキツイというかタイトな感じになってしまうんですね
この『Blue Spirit-777SP』はそれがなく、非常に聴きやすくなってます。
もっともっと鳴らし込んでやると、かなりおもしろい音になりそうです。

ただ、お借りしたケーブルはちょっと短いのでイベントの時に使用するか分かりませんが、
ご希望の方には随時つなぎ変えて、ご試聴できればいいかなと思います。
また、3月中旬までお借りしているので、その間に機会があれば使ってみたいかなと。

今週末、プロジェクターとスピーカーと合わせて、こちらもよろしくお願いします☆

« Acoustic Grove System『ANKH(アンク)-Ⅲ』DTシリーズを聴いてみた | トップページ | BMW『116i』オーディオシステムの移設 »

ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Acoustic Grove System『ANKH(アンク)-Ⅲ』DTシリーズを聴いてみた | トップページ | BMW『116i』オーディオシステムの移設 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク