« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

富士通テンTDスピーカーの活用法☆

先日、とあるお客様宅にプロジェクターの入れ替えにお伺いしたところ、
富士通テンが発売しているタイムドメイン(TD)スピーカーを
巧く活用した非常におもしろいシアタールームを構築されておりましたので、
ご紹介したいと思います。

20121229_0120121229_03

フロント全面に張り込みスピーカーを配置し、
その手前両側にホームセンター等で販売している突っ張り棒を配置し、
『TD508』&『TD307』をフロント、センター、フロントハイでご使用されております。

20121229_02

フロントと、フロントハイスピーカーは、
お盆にのせ、センターはフロントスピーカーが乗っているお盆に天吊り。

「へぇ、突っ張り棒って結構耐えられるんだなぁ・・・。にしても、巧い方法だ。」

なんてちょと感心してしまいました。


ちなみに、サブウーファーも富士通テン。
といっても、『TD725sw』みたいなでっかいものじゃなくて、
かつて販売していた『316SW』。

20121229_04

昨年、生産を完了してしまいましたが、2003年に発売してから、
約8年間、モデルチェンジをすることなく、
それでもその間数多くの賞を受賞した名機です。

個人的には、復活して欲しいんですよねぇ・・・。


そうそう、お持ちしたプロジェクターですが、
発売されたばかりの、三菱製3D対応DLPプロジェクター『LVP-HC8000D』。
先日のイベントでご購入いただきましたw

20121229_06
20121229_05

向かいのクローゼットに、メタルラックを配置して、
その上に専用金具で逆さまにおいてあります。

さすがに、賃貸マンションなのでケーブルの隠蔽まではできませんが、
カーペットなどを巧く利用して目立たないようにされています。

そうそうサラウンドスピーカーですけど、
やはりTDスピーカー『TD307』をスタンドにして配置。
つまり、“オールTDスピーカー”。

プロジェクターの調整ついでに、
『アバター』を視聴しましたが、サイズを超えた迫力に脱帽もの。
結局、TDスピーカーはどんな環境で設置しても、
そのパフォーマンスを遺憾なく発揮してくれるので、
「ああ、こうゆうのもアリだな。」と思います。

非常におもしろいシアタールームでした☆

年末年始営業のお知らせ

今年も一年ありがとうございました。

ベイシスは、12月28日(金)をもって、年内の営業を終了させていただきました。
年明けは、1月5日(土)から、営業を開始いたします。

来年も、ベイシスをどうぞよろしくお願いします。

2012年12月17日 (月)

沼津よいとこ、一度はおいで。

はじめに、先週末開催いたしました『Basis Car Audio Winter Festival』。
おかげさまでたくさんのお客様にご来場いただきました。
この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。
また来年も、カーオーディオ、ホームシアターともに楽しいイベントを
お届けしたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。


さて、カーオーディオ部門はイベントでばたばた。
一方、ホームシアター部門はというと遠方へ出張(;^ω^)

実はホームシアターでは、よくあることなんですね。
お店がある名古屋市を中心として、東海三県はもちろんのこと、
東京や大阪、一番遠いところで北は秋田県から南は高知県まで。
今は通信手段が発達しておりますので、
お客様がご来店されることなく、電話やメールを使って、
図面を見ながらホームシアターに関してお客様、または工務店様と
ご提案、打ち合わせができます。

今回ご紹介するお客様も、その様なやりとりで打ち合わせさせていただいて、
いよいよ納品となったわけであります。

というわけで日曜日の午前中から、新東名高速道路を東へ東へ。
向かうは伊豆半島の付け根、静岡県沼津市。
名古屋からクルマで4時間弱の漁港で有名な街でございます。

20121217_0120121217_02
※途中新清水IC付近でご拝顔した富士山は見事でしたw

20121217_22
※お客様宅に到着。今年の2月に初めてお話しさせていただいてから約10ヶ月。
  長いようで、短いような・・・。

プランの内容としては、大きく分けて2つ。

・2階の家族が集うリビングダイニングでリビングシアター
・1階の寝室と浴室でも音楽を楽しみたい

これが2階のリビングダイニング。

20121217_03
※家具は工務店様を交え、デザインのご提案をさせていただきました。

20121217_04
※梁の部分にプロジェクター設置用の箱(棚)を作製。

ちなみに、お客様は既に7chパワーアンプの名機
『「IntegraRESEARCH(オンキヨー)製「RDA-7」』をお持ちでした。
ただ、これを普通に設置するとかなり圧迫感を与えてしまうので、
これだけ別のところへ設置しようと言うことになりました。

それがここ。
20121217_0620121217_07

キッチンの隣にある納戸に、棚を作ってここにパワーアンプを収めます。

20121217_09_2

スクリーンは、天井だけではなく、両側も棚を凹ましているので、
ちょうどスクリーンの黒地が家具で隠れ、映像だけが残るといった仕様になってます。

さてさて、施工期間は3日。
まず初日は、1F部分のスピーカー設置と各種ケーブルの入線を行いました。

20121217_1120121217_12
※寝室に設置したスピーカー(LINN『DISKREET』)とボリュームコントロール

20121217_13
階から階までスピーカーケーブルをもってきてここで音楽再生を行います。

そうそう、1階のBGMを担当するのは、
LINNのアンプ内蔵ネットワークオーディオプレーヤー『MAJI K DSM』

P_majik_dsm2

『音が良い』というのももちろんあるのですが、
何よりも「iPad/iPhone」で操作ができるということあって、
家中どこにいても、好きな音楽を楽しむことができます。
また、アンプも内蔵していることからボリュームのコントロールも可能です。

『家にいる間、どこでも好きな音楽を聴きたい』
というのは、最近よくいただく要望ですので、
ベイシスではDSMを活用したマルチルームをご提案させていただいております。

さて、二日目。
この日は、ある程度機材を設置してカタチにしつつ、
iPadを活用したホームオートメーションを構築していきます。

20121217_14
20121217_15
※ホームオートメーションを実現するコントロール端末に各種制御用の信号線を接続していきます。
  照明コントローラーにも、制御線を仕込んで、連動するようにしていきます。

20121217_17
※リアスピーカーは埋め込み。こちらも、LINN。(CUSTOM 2K104C
 埋め込みながらも、ブックシェルフと同じ
コンセプトで作られているので、すごく音が良いです。

20121217_1620121217_21

さて、プロジェクターはそのまま箱の中に設置すると、
熱がこもってしまうので、換気用のファンを取り付けます。
こちらも、プロジェクターと連動してファンがON/OFFするように仕込みます。

20121217_18
20121217_19

プロジェクターの次は、スクリーン。
両端の凹みに沿って、スクリーンが降りてきます。

20121217_20
※下までスクリーンを下ろすとこんな感じです。

2日目を終えて、だいたいカタチになってきました。

3日目は、アンプやプレーヤー、そしてフロントスピーカー等を納めて
仕上げに入っていきます。

完成まであと一息。明日もがんばって参ります!!

2012年12月14日 (金)

デビ・・・アレっ?

昨日、元「ステラヴォックスジャパン」の担当者がお見えになり、
ちょっとおもしろい製品を持ってきてくださいました。

そうそう、
「ステラヴォックスジャパン」は、今年の6月に「ステラ」と社名を変え、
心機一転、ますます
趣味性豊かなハイエンドのオーディオ機器やAV機器を
取り扱うようになりました。

その一環。
持ってきてくださいましたのは、

2007年にパリで設立された新進気鋭のオーディオメーカー『DEVIALET』が製作する

「Digital Integrated Amplifier : D-Premier Air」

ADH(アナログ・デジタル・ハイブリッド)と呼ばれる独自の特許技術を搭載した、
小さいながらも、想像を超えた音を奏でる不思議なアンプです。

Img_2319
※本体とリモコン

Img_2326
※リモコンも個性的なデザイン

アンプとしてのアナログ入力やデジタル入力の他にも、
HDMI入力も装備していますので、BDプレーヤーなどと接続して、
BDソフトの高品位な音楽再生にも対応しています。

Img_2325

さっそく、シアタールームにセッティングして、BDソフトを再生してみました。

Img_2321
※ソフトは最近お気に入りの、「ジャッキー・エヴァンコ」。
  12歳でありながら、天使の歌声をもつ奇跡の少女。

スピーカーは、お約束の富士通テン(イクリプス)『TD510MK2』ですが、
今まで聴いたことがないワイドレンジな音を奏でるので、
それだけの音が出るこのスピーカーの能力の高さにもオドロキながら、
そんな音を引き出してしまった『DEVIALET』のポテンシャルの高さに脱帽です!

価格も価格(ちなみに、税込定価158万円w)ですが、
しかし、この筐体でこれだけの音がでるアンプはなかなかありません。
今週末のカーオーディオのイベントに合わせて、
日曜日までシアタールームにて体感できるようにする予定ですので、
カーオーディオイベントに参加ついでに、ちょっと聴いてみてくださいwww

スズキ『SWIFT』セキュリティーの取り付け

今週末は、「Basis Car Audio Winter Festival」クライマックス!!
明日はSonicDesign、明後日はさらにダイアトーンが加わって、
イベントを盛り上げてくれます。
最上級のカーオーディオを体感できる今年最後のチャンス!
また、カーセキュリティのデモンストレーションも同時に実施!!
この機会にふるってご参加ください!!


というわけで、本日はセキュリティのご紹介です。
クルマはスズキ『SWIFT』。
実は、ベイシスのセキュリティデモカーだったりします。
明日お披露目できるように、鋭意作業中なんですw

Img_2315

ちなみに取り付けるのは、
アメリカにおいて史上、一台も乗り逃げされたことがないと豪語する
CLIFFORDの最上位モデル『AvantGuard5.1J』
現在において間違いなく最強のカーセキュリティーです。

Ag51j_b

オンボードダブルイモビライザをはじめ、ドア開検知、トランク開検知、
ボンネット開検知の各センサを標準装備。
さらに、学習機能を持つオムニセンサにより、
精度の低いセキュリティーにありがちな誤作動も少なく、
ボディーへの衝撃も完璧に検知し、愛車を完璧にガードするスグレモノ。

さて、この完璧なセキュリティの取り付けを行うのは
電送のスペシャリスト!南部さんですw

Img_2316

明日にはみなさまにお披露目できるかと思います。
年末にかけて、窃盗団も活発に動いてきます。
この機会に、カーセキュリティの導入をオススメします!

2012年12月11日 (火)

ホンダ『オデッセイ』 DVDプレーヤーの取付

本日ご紹介するのは、ホンダ『オデッセイ』です。

20121211_03

こちらには元々、フロントにメモリーナビとオーディオシステム、
リアにはモニターが装着されていたのですが、

この度「DVDがみたい!」とのご要望により、

新しくDVDプレーヤーを装着することにしました。

20121211_02
※施工後のフロントパネル

メモリーナビにしろ、せっかくのリアモニターにしろ、
プレーヤーがなければ、地上デジタル放送しか楽しむことができません。
かといって、コンソールパネルのデッキ部分(ダッシュボード中央)は
写真の通り既に一杯の状態。
というわけで、その下に設けてあった小物入れを
車載用DVDプレーヤーが入るように加工しました。

20121211_01

リモコンホルダーも併せて取り付けさせていただきました。
もちろん、車内インテリアを壊さないように、純正っぽく仕上げることも忘れずに。

これで、メモリーナビとリアモニターの両方にDVDの映像を流すことができました。
音はもちろんこれまで使っていただいている
高品位なオーディオシステムでお楽しみいただけますw

2012年12月10日 (月)

『SONY HOMETHEATER FESTIVAL』イベントレポート

20121209_07

ソニーが採算を度外視して完成させた
4KSXRDデバイス搭載プロジェクター『VPL-VW1000ES』

いやぁ・・・、大きいですねぇ。
ちょっと離れたところから見ても、かなりの存在感w

20121209_06

世間では、“波動砲”とか、“目玉の親父”とか、
あとは“ジェットエンジン”とか呼ばれているようです。

その理由は、レンズの周辺に設けられたフィン。

20121209_08

このプロジェクター、やはり「レンズが命」
したがって、極力レンズが熱を持たないよう、
このレンズ周辺部から新鮮な空気を取り入れ、更に冷却、
そして背面から排気する、よく考慮された構造になっています。
その排気も、真後ろではなく、左右斜め後ろから排気しますので、
本体と壁との間は5cmぐらい開けておけばOKなんだそうです。

ケーブルも、背面ではなく本体正面右から差し込めるようになっています。

20121209_11

ちなみに電源は後ろから差し込むようになっていますが、
懐が深いので、設置にケーブルが邪魔になるということはなさそうです。

20121209_0920121209_10
※極太かつ、丸いインレットプラグを装備した電源ケーブルでもOK


さて、肝心の映像はというと、言わずもがな、

「素晴らしい!!」

としか言いようがありません。

というか、この映像を言葉で表現できるほどの
ボキャブラリーを持ち合わせていないのが申し訳ないですorz


20121209_15

視聴会はソニーマーケティングより、清水潤一様をお招きして行いました。

20121209_17_2

非常にお話上手で、今回の視聴会で使うソフトも、
「色々な映像をご覧になって、VW1000ESの良さを知っていただきたい」ということで、
4Kカメラで撮影された最新の映像から、昔のフィルムライクな映像、
そして3D映像など、色々とご用意くださいました。

20121209_13

まず冒頭は、『VW1000ES』の技術説明から。
特にこのプロジェクターの肝である「ARC-Fレンズ」と
ソニー独自の4Kアップスケーリング技術である「リアリティークリエーション」については、
少し時間を割いてご説明くださいました。

20121209_14

その「リアリティークリエーション」を実際の映像で体験。
映像は「君に読む物語」の一場面。
「リアリティークリエーション」のONとOFFで格段に映像が変化してしまうので、
みなさんかなりおどろかれていました。

20121209_16

こちらは、先日NHKBSプレミアムで放送された『東京JAZZ』より、
松田聖子がゲストで登場しているシーン。
放送されている映像も、『VW1000ES』の手に掛かれば、
メチャメチャ高精細になっちゃいます。
ですから、聖子ちゃんのでこしわとか、口元のほうれい線とか・・・。
見え過ぎちゃって困るwww

3Dの映像もデモンストレーションしていただきました。
『VW1000ES』は、世界で唯一「3D映像も4K化できる」プロジェクター。
しかも、明るさもかなり確保されていて、
「マダガスカル3」でカーチェイスのシーンを視聴しましたが、ぜーんぜん問題なし。
というか、奥行きや飛び出し感がハンパなかったです。

20121209_18

最後は、4Kネイティブの映像を。
もちろん、そんなブルーレイディスクはないので、
わざわざ4K映像出力可能なパソコンを持ってきて、
デモンストレーションして下さいました。
写真はただいま公開中の『007 スカイフォール』のトレーラー。
トレーラーということもあって、場面がぱっぱっ変わってしまいますが、
ネイティブならではの高精細感は十分伝わってきました。


そもそも、ベイシスでソニーのイベントを開催するというのは本当に久しぶりで、
それが話題の『VPL-VW1000ES』ということもあって、どの回も大変盛況でした。
お忙しい中、ご来場いただいたお客様には大変感謝をしております。
本当にありがとうございました。
また、残念ながらご来場いただけなかったお客様も、
折を見て、再び開催したいと思いますので、その際はよろしくおねがいします。

2012年12月 3日 (月)

トヨタ『ハイエース』セキュリティシステムの取り付け

今年もあと1ヶ月を切ってしまいました。
年月が過ぎるのは、本当に早いですねぇ・・・。

さて、本日ご紹介するクルマはこちら。

20121203_02

トヨタ『ハイエース』。
ベイシスでも、ホームシアターの施工で大活躍のクルマです。
貨物用としても使ってもよし、送迎用につかってもよし、
救急車としても、寝台車としても、もちろん自家用としても、
様々な用途に幅広く使われています。

で、あるが故に“盗難が一番多いクルマ”としても有名です。
日本損害保険協会の調査によると、
2007年から5年連続で自動車盗難のワースト1。
盗難されたクルマは、海を渡り海外へ。
幅広い用途を持ち、さらに耐久性が高いということで、
新興国や発展途上国で人気なんだとか。

加えて愛知県は、47都道府県の中で突出して自動車盗難件数が多いので、
もうセキュリティは必須でございます。

というわけで、リモートスターター標準搭載アンサーバックリモコン付きの
YUPITEL製カーセキュリティのフラグシップモデル『Gorgo ZXXⅡ』をご提案致しました。

Mainv

また、取付にあたっては車両のバッテリーが外されても、
警報音が鳴るように、「バッテリーバックアップサイレン」を一緒に組み込みました。

20121203_03

残念ながら写真を撮り忘れてしまったのですが、
セキュリティに連動してバックミラーが開閉するようなギミックも同時に施工。

20121203_01

ついで(?)にバックカメラと、
走行中でもナビでテレビが見られるようにナビキャンセラーも組み込みました。

年の瀬が押し迫っております。
夜も長くなり、窃盗団も活発(?)に活動する頃だと思いますので、
この機会にカーセキュリティをぜひぜひご検討ください!

2012年12月 1日 (土)

吊ってきたヨ。『VW1000ES』♪

いよいよ来週に迫って参りました『SONY HOME THEATER FESTIVAL』

実はちょっと一足先に、とあるお客様のところへこのイベントの主役となります、
4K対応SXRDプロジェクター『VPL-VW1000ES』を納めてまいりましたので、
ご紹介したいと思います。

実はこのお客様、往年の名機である
三菱の3管式プロジェクター『LVP-2001』ユーザーでございまして、
液晶プロジェクターが主流となりました現在でも、
「いくら技術が進歩しても、映像は3管に敵わない」と、
このプロジェクターをご愛用なさってました。

ところが、ソニーから4K対応のプロジェクターが登場するや否や、
ここにきてようやく3管を引退させるご決意をしていただきましたw

さて、どうやって設置するか。
そもそも『LVP-2001』を天吊りなさっていたので、今回も天吊りで行きます。
しかも、これまで3管を支えていただけあって、天井の補強は十分です。

問題は、金具です。

もちろん、純正の金具を使って取り付けるのがいいのですが、
値段も高く、仮にプロジェクターを買い換えた時の汎用性に乏しいのがネックです。
そこで、SANUS SYSTEMS社などが扱っている汎用の天吊り金具を使用します。
ただ、今回はプロジェクターの容積も質量もそれなりにあることから、
普通に天井に取り付けるのではなく、
3管を天吊りするために打ったアンカーを利用して取り付けを行いました。

それがこちら。

20121201_01

四方約40cm、厚さ約5mmの金属板に、
アンカーの位置に併せて穴を空け、ナットで固定します。
ここに、汎用の天吊り金具を取り付けます。

取り付けた状態がこちら。

20121201_02

こうして、設置することで、大きいプロジェクターを天吊りする際に
ネックとなっていた“揺れ”や“振動”にも十分耐えることができます。


さあ、お楽しみの映像はというと・・・、

20121201_03

もう圧巻ですね。
シアター専用ルームであるのに加えて、スクリーンがスチュワート。
抜群の組合せではないでしょうか。

こうなってくると、来週のイベントが楽しみでなりません。
座席はまだまだ余裕がございますので、
ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひ振るってご参加ください!

『Basis Car Audio Winter Festival』開催のお知らせ ※終了しました

こちらのイベントは終了しました。
たくさんのご来場まことにありがとございました。

今年のカーオーディオ・イベントのトリを務めますは、
恒例の「Basis Car Audio Winter Festival」

今回は、ソニックデザイン様の技術を全て結集した最新デモカーの他に、
DIATONE(ダイアトーン)様からも、
“DIATONE.SOUND.NAVI”を搭載したデモカーもやってきます!!

20121023_02

20121130_01

また、オーディオだけではなく先日もアナウンスさせていただきました
カーセキュリティシステム“CLIFFORD”につきましても、
メーカーの担当者様を招いて「カーセキュリティ相談会」も同時に開催!
年末年始、何かとお出かけする機会が多いと思います。
この機会に、カーセキュリティもぜひぜひご検討ください!!

20121130_02

期間中ご成約いただいたお客様には、

・12回払いまでクレジット手数料0%、長期クレジットも手数料優遇!
・現金でのお買い上げの方には特別割引!

等の特典をご用意してお待ちしております!

最後に、デモカーでのご試聴は予約制となっておりますので、
お電話かメールにてお申し込みください。

-イベント詳細-

期間:12月8日(土)~16日(日)
     ※ソニックデザインデモカーの来場は
                 15日(土)、16日(日)のみです。
      ※ダイアトーンデモカーの来場は16日(日)のみです。
      ※カーセキュリティ&ベイシスカーオーディオでデモカーは随時視聴可能です。

体験可能デモカー
  ◆15日、16日のみ
    ○ソニックデザイン:ベンツ『CLS』
        ・フロントドアスピーカー:プレミアムライン D52N
        ・サブウーファー:SW-77N
        ・デジタルプロセッサーアンプ:Digicore808i 他

  ◆16日のみ
      ○ダイアトーン:ホンダ ※車種検討中
        ・フロントドアスピーカー:DS-G50
        ・サブウーファー:SW-G50
        ・オーディオナビシステム:NR-MZ60PREMI

  ◆常時体験可能
    ○ソニックデザイン:ベンツ『B-Class』
        ・フロントスピーカー:UNIT-N70N
                     UNIT-N52N
        ・サブウーファー:TBE-SW77×2
        ・デジタルプロセッサーアンプ:Digicore808i 他
    ○クリフォード:トヨタ『アルファード』
        ・カーセキュリティシステム:AvantGuard5.1J

講師:ソニックデザイン 佐藤様
    三菱電機エンジニアリング 上野様
    アーマーテック 豊住様

イベントに関するお問い合わせ、ご試聴の予約に付きましては
それぞれ以下にお願いします。 

   ・電話:052-461-8186
   ・メール:car_audio@basis-jp.net
         (担当/宇佐美、矢野)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク