« 屋根の上にミッキーマウス!? | トップページ | オーディオの頂点へ『LINN KLIMAX』 »

2012年6月28日 (木)

空中に浮かぶ“大画面”

20120628_03

ここ最近、ベイシスへいらっしゃったお客様は、
もうご覧いただいているかもしれませんが、
ただいま、80インチ大画面の映像が店舗を彩っております。

いらっしゃったお客様が口々に、

「すごい!」
「綺麗!」

と、おっしゃって下さいまして、ちょっと嬉しい次第です。

ちなみに、どのようにして映像を浮かせているのかと申しますと、
こちらの写真をご覧ください。

20120628_02_2

天井から、『BlueOceanScrean』と呼ばれる透過型のスクリーンを天井から吊し、
背後から、プロジェクターで映像を投射しているだけなんですね。
またプロジェクターも特別なものではなく、
一般的な高輝度データプロジェクターを使っているだけなので、
環境さえ整えば、すぐに構築することができます。
問題は・・・、どのように“魅せるか”なんですけど。

さらに、本日はとあるお客様へのデモンストレーションのために、
100型も吊ってみましたw

20120628_01

20120628_04

いつもはフロントから投射して、100型ともなりますと、
3mぐらい離れたところで試聴していますので、
そんなに大きなイメージはないんですよね。
ところが、スクリーンを設置しながら思ったのは、

「100型ってこんなに大きかったっけ?」

ということ。
ですから、恥ずかしながら私も「大きい!!」と驚いてしまいました。

さらに、この映像にはもうひと工夫しております。
というのも、店舗カウンターのすぐ前にスクリーンを設置してますから、
プロジェクターからスクリーンへの投射距離が稼げません。
先ほども100型を投影するには、少なくとも3m弱の距離が必要です。

そこで登場するのが“鏡”。

20120628_06

プロジェクターの光を反射させて、スクリーンに投射するようにします。
すると、投射距離を約半分にすることができますので、
投射距離があまり取れないところでも設置ができてしまうんですね。

20120628_05
※100型『BlueOceanScrean』デモンストレーションの様子

残念ながら、100型の方は既に撤去してしまいましたが、
初めにご紹介した80型につきましては、まだしばらくそのままにしておきますので、
今週末の『LINNのネットワークオーディオ試聴会』にいらっしゃった際に、
こちらも併せてご覧いただければと思います。

« 屋根の上にミッキーマウス!? | トップページ | オーディオの頂点へ『LINN KLIMAX』 »

ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空中に浮かぶ“大画面”:

« 屋根の上にミッキーマウス!? | トップページ | オーディオの頂点へ『LINN KLIMAX』 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク