« メルセデス・ベンツ『E250』リアモニターの取付 | トップページ | ネットワークオーディオイベントのお知らせ ※終了しました »

2012年6月 1日 (金)

走りの先に、歓びが広がる。フォルクスワーゲン『CrossPolo.』

ただいま、フォルクスワーゲン『CrossPolo.』が一連の施工を終え、
機器のエージングとオーディオの調整を行っています。

20120601_01
※調整中の『CrossPolo.』

こちらのユーザー様は、この度、おクルマを買い換えになられたということで、
ヘッドユニットやパワーアンプなどは前車より引き継ぎ、
スピーカーやナビゲーションは新たに変更するという施工内容でした。

そのヘッドユニットも、2009年6月の発売以来、ロングセラーを続けている
カロッツェリア製『DEH-P01』です。

20120601_08_3
発売から3年以上経過しますが、未だに根強い人気です。
現在でも、ちょくちょくお取り付けさせていただいてます。
結局、国内外を問わずカーオーディオメーカーで、
これほどしっかりしたヘッドユニットを排出しているのは、
カロッツェリアぐらいしかない、というのが現状のようですが。
ちょっと前までは、ナカミチとかマッキントッシュとか、そういえばデノン、ソニーなど、
ホームオーディオでも名を馳せたメーカーも
積極的にヘッドユニットを開発していただけに、寂しい気がします。
個人的には、パナソニックが出していた真空管を採用したヘッドユニットが印象的でした。
音は聞いたことないんですけどね(;^ω^)

さて、スピーカーを鳴らすアンプですが、『DEH-P01』は内蔵
(といっても、別体化していますが)のアンプでも十分いい音はするんですけれども、
こちらも前車から使用していたPHASS製4chパワーアンプ『RE 4.25』を使用します。

20120601_09

こちらも人気モデルですね。
そういえば、昨年12月、同社製のパワーアンプを使用した
施工事例
を紹介させていただきました。
また、それがお客様を通じてPHASS様のホームページでも紹介して下さいました。
しかしながら、現在PHASS様のホームページが移設されてしまったようで、
もう拝見することができません(´・ω・`)

さて今回、新たに導入するスピーカーは、ソニックデザインより
『UNIT-N70R』、『SD-N25R』。
カーナビは、パナソニック製ポータブルナビ「Gorilla」をチョイスしました。

20120601_03
※運転席側から

20120601_04
※ダッシュボード中央に、ナビを設置

20120601_02
※ドアミラーの後ろにトゥイーターユニットを埋込

20120601_05
※パワーアンプは・・・

20120601_06
※ラゲッジルームの底に

20120601_07
※調整も完了して納車を待つばかり!

ちなみに、ピットにはもう一台フォルクスワーゲンが控えています。
ひっきりなしにクルマが立ち替わり入れ替わりで、
カーオーディオ部門は大忙しです\(;゚∇゚)/

« メルセデス・ベンツ『E250』リアモニターの取付 | トップページ | ネットワークオーディオイベントのお知らせ ※終了しました »

カーオーディオ施工例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走りの先に、歓びが広がる。フォルクスワーゲン『CrossPolo.』:

« メルセデス・ベンツ『E250』リアモニターの取付 | トップページ | ネットワークオーディオイベントのお知らせ ※終了しました »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク