« ネットワークオーディオもマルチチャンネル化へ!? | トップページ | 「最小のボディに、最大の夢を」。ダイハツ『コペン』 »

2012年5月28日 (月)

細かいところだけど、もっとも大切なこと ~SP-R1~

『ギボシ端子』って、ご存じですか?

「配線と配線を安全に接続し、かつ着脱を容易にしなければならないところ」で使う
“圧着端子”のひとつです。
ホームシアターの世界ではあまり見掛けることは少ないのですが、
ナビやヘッドユニット、スピーカー等々、
取り外し・交換の機会が多いカーオーディオの世界では
絶対になくてはならない端子です。

20120528_d
※ユニットを外したセンターコンソール部。絶縁スリーブに覆われたギボシ端子がちらほらと

上記の写真をご覧いただくと、この部分だけでも
5~6個のギボシ端子が使用されています。
これがクルマ全体となりますと、少なくとも10個以上使う計算になります。

そんなカーオーディオの世界ではごく当たり前のパーツなのですが、
その「当たり前」であるが故に、それが音質にどれだけ影響するのかなど
あまり気に留めることはありませんでした。

ところが、この度「F2Music(センチュリ企画株式会社)から
画期的な商品が発売されました!
それが、こちら『ダイレクトロジウムコーティング・ギボシ端子 SP-R1』です!!

20120528_a

“ロジウム”と言いますと、ホームシアターの世界では結構なじみ深い物質です。
よく高級電源プラグやオーディオプラグの端子部に使用されています。

実はこのロジウム、電気信号の通しやすさを表す“抵抗値”だけ見ると、
一般的な“金”メッキの方が低かったりします。
ところが、“金”は硬度が低い(柔らかい)物質なため、
本来の性能を得るには素材に対して厚くメッキをかける必要があります。
しかし、そうなるとコストが嵩んでしまいますので現実的ではありません。
そこで、一般的に金でコーディングを行う時には、
強度を増すために金に何かしらの添加物を加えたり、
下地にニッケルメッキを施した上で、コーディングを行います。
ただ当然の事ながら、そのために抵抗値が上がり、音質にも影響します。

そこで、“ロジウム”の登場です。
抵抗値は金に比べると、及びませんが、その分、強度があります。
ですから、金のように何ら手を加えることなく
ダイレクトにコーディングをかけることができるのです。
そのため、ロジウム本来の性能を十二分に引き出すことができます。

ちなみに、高音質を謳ったギボシ端子は他にもあるのですが、
金やスズ(素材は真鍮)メッキが多いですね。
ロジウムを使用するのはこれが初めてではないでしょうか。

というような、ウンチクも交えつつ、
実は先日、F2Musicの方がデモンストレーションに来てくださいました!

20120528_b
※F2Musicの方が持ってきて下さった試聴セットw
  アンプはLUXMAN「LXA-OT1」(ステレオ誌1月号付録)。iPodに接続しての試聴
  ちなみにスピーカーは店頭にありますECLIPSE製『TD508Mk3』

20120528_e
※一般的なギボシ端子と『SP-R1』の聴き比べができるようになっています

まずは、一般的なギボシ端子の方から聴いて・・・、
それから『SP-R1』、そして再び元に戻して・・・・。

ジャズ系のボーカル曲やJ-POP等を試聴させていただきましたが、
その違いはもう明白!
そもそも全体的なもやもや感がなくなり、かなり透明感が上がっています。
特に中音域のもっさり感がとれ、ボーカルが生々しく聞こえてきます。
加えてスピード感も増し、アップテンポな曲でのリズム感が心地良いです。

正直、ここまで変化するのは驚きです。
思えば「ギボシ端子」なんて、本当に細かいところですが、
もっとも大切なことなんですよね。
いくら機材が良くても、それらを接続する導線が悪くては、
その機材の性能を十分生かすことができませんからね。
もちろん、スピーカーケーブルといった導線も良い物を
ご提案させてはいただいておりますが、
これからは、こういった端子類も合わせてご提案していきたいと思います。

« ネットワークオーディオもマルチチャンネル化へ!? | トップページ | 「最小のボディに、最大の夢を」。ダイハツ『コペン』 »

カーオーディオ・カーナビ・セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1621801/45443566

この記事へのトラックバック一覧です: 細かいところだけど、もっとも大切なこと ~SP-R1~:

« ネットワークオーディオもマルチチャンネル化へ!? | トップページ | 「最小のボディに、最大の夢を」。ダイハツ『コペン』 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク