« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

『マークX Vertiga』完成まであと少し!!

こんにちは!金子です。

先日から、ご紹介し続けている『マークX Vertiga』。
20120315_01
今週末の納車に向けて、着々と作業は進行中です!!

先日はフロントドア防振施工まで、ご紹介しましたが、
そのフロントドアもある程度目処が付き、
いよいよ、デジコアやナビユニットの取り付けに入っていきます。

ちなみに、フロントドアはこんな感じに落ち着きました。
20120328_10
※デッドニングした上に、ノイズを発生するような部分には
 さらに遮音シートを巻いて養生します


20120328_04

※内張を取り付けたところ

また、ピラー部分もできあがりましたので、ご紹介します。

20120328_11_2
※ピラー部分を新たに起こしトゥイーターモジュールを取り付けました

まずは、ドアと同様、車内のデッドニング&防振・遮音を徹底的に施します。
20120328_0120120328_02_2
※トランクルーム&タイヤハウス内。主にカスケード製シートを使って
 しっかりとデッドニングしていきます。

  20120328_03
※天井部分はオスカー製の吸音フォームでデッドニング

実は、ボンネット裏にもカスケード製シートを貼っています。
20120328_09

こちらはエンジン等から発せられるメカニカルノイズを強力に遮音し、
中高周波ノイズをカットをする役割を担っています。

それから、入線作業に入ります。

20120328_07_220120328_05
※電源やセキュリティー、オーディオケーブル等々

同時並行で、ナビゲーションの取り付けも。

20120328_06

納車期限は今週末。
カーオーディオスタッフ総出で、作業に取りかかっています。
さあ、完成まであと一息です!!

2012年3月27日 (火)

「記憶に留めるべきもの。」Sonusfaber『GUARNERI Memento』

こんにちは!金子です。

ここ最近は、カーオーディオの話題ばかりでしたが、
時々はホームシアターについても、お話しをしたいと思います。

実は先日、非常に珍しいスピーカーをホームシアターシステムに組み込んで、
納入させていただきましたので、ご紹介したいと思います。

それは、Sonusfaber(ソナス・ファベール)製ブックシェルフ型スピーカー
『GUARNERI Memento(ガルネリ メメント)』です。

20120316_01
※フロント2chで使用

20120316_0320120316_04
※専用スタンドは付属。大理石で作られたベースは前後の厚みを
  変えることでキャビネットに傾斜を持たせ、位相の最適化が計られています

『Sonusfaber』はラテン語で「音の工房」を意味し、
その社名の通り、精緻な木工技術と音の純度へのアプローチを
見事に融合させた製品を世に送り出しています。

今回ご紹介させていただいている『GUARNERI Memento』は、
偉大なヴァイオリン職人である「アンドレア・アアマティ」や
「アントニオ・ストラディヴァリ」に並ぶ、『ジュゼッペ・ガルネリ』から。
そして、不朽の名機と称えられた前作『GUARNERI Homage(オマージュ)』に対し、
「記憶に留めるべきもの」という意味のラテン語『Memento』を付与し、
生み出されたスピーカーです。

やはり、名工の名を冠するだけあって、
デザインも含め、音質ともにとても素晴らしいスピーカーです。

ただ、難を言えばちょっと重いことですかね(;^ω^)
一本スタンド含めて約40kgですからw

20120316_02
※リア・サラウンドバックはLINN。
  プロジェクターはJVC製を作りつけのラックの中に収めました。

こちらのお宅は完成したばかりで、これからお引っ越しの予定なのですが、
このお部屋がどういう風に彩られるかが楽しみですw

2012年3月25日 (日)

『マークX Vertiga』内張&防振施工中!!

こんにちは!金子です。

イベントのあと、ホームシアターもカーオーディオもばたばたして、
なかなかブログを更新できなくてスイマセン(;^ω^)

まずは、先日から入庫しております『マークX Vertiga』の経過報告から♪
20120315_01

前回は、フロントドアの内張を切削したところまでご紹介しましたが、
その内張ができあがりましたので、ご紹介します。

20120324_03
※切削した部分にバッフルを取り付けて、一部を埋め、ならしたところ

20120324_02
※こちらが完成品w

また、平行して防振加工も行いました。

20120324_01
※ドア一面に防振マットを貼付

フロントについては、まだトゥイーターの取付が残っていますが、
近々完成後の状態をお見せできそうです。

そして、リア部も徐々に着手していきます。
20120324_04
※リアシート・トランク内のシートを外したところ

こちらに、サブウーファーやデジコア・アンプを
取り付けていく予定なのですから、まずは配線系から仕上げてきます。

こちらも、できあがり次第またお知らせする予定です。
楽しみにしていてくださいね!

日本に新しい広さを。ホンダ『NBOX』が入庫してきました!

こんにちは!金子です。

ソニック・デザインのイベントが終わって、
スピーカー交換のため、続々と新しいクルマが入庫してきています。

20120325_04
※ピットにもご覧の通り、ソニック・デザイン製品がわんさかw

本日、入庫してきたクルマもそのうちの一台。
ホンダ“NBOX”

20120325_01

こちらのクルマ、テレビ東京の『ガイアの夜明け』でも取り上げられた
今話題の軽自動車なんですよね。
私も実車は初めて拝見するのですが、
「27インチの自転車が普通に乗る」と言うだけあって、
広々とした車内空間にとても驚きました。

そういえば、昨今の軽自動車というと、燃費の向上や維持費の安さに加えて、
かつては高級車に搭載されていた最新機能も惜しみなく投入されているみたいです。
そのため、今や高級セダンやスポーツカーなどから、果てはアメ車から
乗り換えてしまう人たちも出始めるぐらいなんだそうです。

となれば、オーディオもやっぱり良いものにしたいですよね!
というわけで、ソニックデザイン製のスピーカーを取り付けさせていただきました!

20120325_02
※ユニットは、カジュアルラインよりチョイス

トゥイーターユニットは、ドアの内張を加工して取付。
こちらは写真がなくて、スイマセン(;^ω^)

純正のオーディオユニットでも、
スピーカーを変えるだけで、ぐっと音は良くなりますw

今や軽自動車は「都会でも」、「男性でも」、「ファーストカーでも」
というユーザーが増えてきています。
ですから、「オーディオも」少しこだわってみたらいかがでしょうか?

2012年3月19日 (月)

『マークX Vertiga』スピーカー取付中!!

こんにちは!金子です。

先日より入庫しております、『マークX Vertiga』。
ただいま、スピーカー取り付けの真っ最中です!

20120315_01
※マークX Vertiga

20120315_03
※スピーカー取り付け前のフロントドア

当初は『UNIT-N100N』のサイズを考慮して、
フロントドアを切削しなければならないかとも思っていましたが、
ドアの内張が思いの外深いので、
内張を加工することで取り付けることができました。

20120319_01
※スピーカー取り付け後のフロントドア

あとは内張の形に合わせてバッフルを加工するだけです。

20120319_02
※ドアグリルの形に合わせ、バッフルに厚みを持たせているところ

切削した内張部分は、元のデザインに合わせて新しく製作します。
その完成後の写真は、また後日のお楽しみと言うことで。

ウーファーモジュールの他に、トゥイーターも取り付けなくてはなりません。
それは、ピラー部分を加工してなのですが、
さらにさらに、ナビやアンプなど、作業はまだまだ山ほどあります(;^ω^)

が、着実にお客様にご満足いただけるように頑張ってまいりますよ!!

ピュアオーディオでホームシアターを

こんにちは!金子です。

本日は、ピュアオーディオ(2ch)でホームシアターを
構築した事例を紹介します。

20120317_a

こちらのお客様は、新築の物件で、
オーディオ専用ルームを弊社で設計させていただきました。

そちらに100型の張り込みスクリーンと
JBLの大型ブックシェルフスピーカーを設置させていただきました。
アンプは、お手持ちのステレオプリメインアンプ。

20120317_c

プロジェクターは天井の色も考慮して、一体感がとれるよう
チョイスさせていただきました。
BDレコーダーからHDMIで直接プロジェクターに映像を入力。
音声はアナログ2chでステレオアンプに接続。

20120317_b
※プロジェクターで映像を投射したところ

このあと、お客様と一緒に『ダークナイト』を視聴してみましたが、
なかなかどうして、2chも侮れません。
マルチチャンネルに比べて、音の動き・方向は乏しくなってしまいますが、
JBLの大口径ユニットのお陰もありましょう、
量感もたっぷり、迫力ある音を聞かせてくれます。

将来的には、別途パワーアンプを追加して
さらに音質の向上を計っていく予定なんだとか。

その際は、またご相談くださいね!

2012年3月16日 (金)

明日はSonicDesign試聴会!主役の『メルセデス・ベンツ「S-Class[S550] Sound Sweet」』が入庫してきました!!

こんにちは!金子です。

明日はいよいよSonicDesignの試聴会です。
昨日から、主役のメルセデスベンツ「S-Class[S550]Sound Sweet」が入庫してきました!

20120316_01

それでは試聴会がはじまる前に、
こちらのクルマの装備についておさらいしておきましょうw

フロントドアとリアドアには同一特性のフルレンジスピーカー・モジュール
「D52SSR Unison-Array」を装着。
最高級セダンにふさわしい前後均質の高品位サウンドを実現しています。

20120316_12
※「D52SSR Unison-Array」(フロント用)

20120316_0520120316_04
※フロントドアとスピーカー部のアップ

20120316_0620120316_03
※リアドアとスピーカー部のアップ

サブウーファーは、リアシートの後ろ、
ボディフレームとのわずかな隙間に収まる超薄型サブウーファーモジュール
「The Suite Custom-Bass」が装着されています。

20120316_11
※「The Suite Custom-Bass」

20120316_09_2
※リアシート後部

システムの中核を担うデジタルプロセッサーアンプは、
トランクの奥に装着されています。

20120316_10
※トランクルーム内。外側からその姿を拝見することはできません(;^ω^)
20120316_1320120316_14_2
※専用設計のデジタルプロセッサーアンプ(左)と装着イメージ(右)

20120316_02
※熟練した職人の手によって1点ずつ入念に仕上げたプラチナ仕上げの
 「Sound Suite」オーナーズプレートは、SonicDesignによるチューニングの証

さて、これらの装置。基本的には、メルセデスベンツの純正として取り扱われております。
したがって、音楽ソースの流し込みは純正のオーディオシステムを通じて行います。
20120316_08
※運転席・コンソールボックス

20120316_07_2
※リアシート

ですから、当日はお気に入りのCDを持って試聴会にご参加ください!
ちょっと私はまだ試聴していませんが、
“最高級セダン”にふさわしい音をお楽しみいただけると思います!!

※「Sound Sweet」の試聴は予約制になります。
  ご来場いただく前に、一度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。
      担当:宇佐美/矢野 TEL:052-461-8186

2012年3月15日 (木)

“フォルムダイナミクス”トヨタ『マークX Vertiga(ヴェルティガ)』オーディオシステム引っ越し中!!

こんにちは!金子です。

ただいま、ピットにはトヨタ『マークX Vertiga(ヴェルティガ)』が入庫してきております。
20120315_01

『Vertiga(ヴェルティガ)』は、トヨタモデリスタが『マークX』をベースに
カスタマイズした特別仕様車です。

20120315_06
※専用エンブレムが『Vertiga』の証

「フォルムダイナミックス - ヴェルティガ極まる -」
をコンセプトに、野生動物が躍動時に解き放つ瞬間をイメージし具現化したモデル。
通常の『マークX』との大きな違いは、フロントに“X”のマークがどこにもないこと。
専用のフロントバンパーとフロントグリルが、
フロントスタイルを低くし、さらに台形を基調とした大胆なバンパー開口部によって、
地面にしっかりと踏ん張る力強さを表現しています。
サイドスカートも専用のものを用いているので、
ぱっと見、『マークX』なのか分からないデザインで、とても格好良いですw

さて、今回はクルマの買い換えに伴う施工で、
以前のクルマに装着してあったオーディオシステム一式を
こちらに移設するという内容です。

さすがにカーナビは最新式に入れ替えるとして、
ソニックデザイン製プレミアムラインスピーカー及び、デジコア、
BEWITH製レギュレーター等々ごっそり移設します。

20120315_02
※まずは配線作業から

20120315_03
※ドアの内張を外したところ

移設するスピーカーは、SonicDesign製『UNIT-N100N』になりますので、
先日ご紹介した『BMW 135i クーペ』のように、
アウターパネルに穴を開けるなどして加工しなければいけません。

20120315_08
※SonicDesign『UNIT-N100N』

その様子はまた後日( ̄▽ ̄)

また、そのペアとなるトゥイーターは『UNIT-N55N』。
こちらはフロントピラーを加工して取り付けます。
20120315_05
※フロントピラーカバーを外したところ

20120315_09
※『UNIT-N55N』

また、デジコアのメインコントロールユニットは
エアコンのコントロールパネルの下にある小物入れ部分に収納する予定です。

20120315_04
※純正ナビオーディオや、エアコンのコントロールパネルを外したところ

作業の様子は順次掲載していく予定です。
特に、フロントスピーカーがどのように装着されていくのかは、楽しみですネ!

2012年3月12日 (月)

「人に翼を」。日産『スカイラインGT-R「V-specⅡ」』ただいまスピーカー交換中!!

こんにちは!金子です。

ただいまピットには、日産『スカイラインGT-R』が入庫中です。
30120312_01

こちらのモデルは、歴史ある『スカイライン GT-R』の中でも
最終モデル「BNR34」型、しかも2000年8月に
マイナーチェンジを施した「V-specⅡ」という最後期のモデルになります。
後に後継機である『GT-R』が発表されましたが、
“スカイライン”という名称は付加されてませんので、
『スカイライン GT-R』としては、これが最後なんですよね。

今回はスピーカーを交換して欲しいというご依頼でした。

お取り付けさせていただくスピーカーは、
ただいま絶賛キャンペーン中のSonicDesign製。
プレミアムラインから、トゥイーター『SD-25R』、ウーファー『UNIT-N70R』になります。
これまでご使用されていた同社製トレードインボックスからのアップグレートです☆
Rcl_pho_01
※25mmトゥイーター・モジュール『SD-25R』。
  ウーファーと共通のアラミド振動板を採用し、音色を統一した
  高品位ドームトゥイーター。

Rcl_pho_08_2
※77mmドアウーファー・モジュール『UNIT-N70R』。
  ドアの共振や不快な音漏れを防ぐ本格的なドア内エンクロージャー設計。
  スピード感あふれる新次元の低音再生能力。

というわけで、さっそくフロントドアの内張を外して作業開始です。
30120312_02

ウーファー部分は既存のインナーバッフルを手直しして装着しました。
30120312_03
※モジュールがすっぽり収まるように整形

トゥイーターも、同様に。
30120312_04

もともど同様のスピーカーが装着されていただけあって、
インストールは比較的すんなりできました。

30120312_05
※ウーファーはグリルに隠れて分かりませんが、
  トゥイーターは変わった感がありますw

最後に、音を調整してインストール完了です。

スカイラインGT-Rのキャッチコピー「人に翼を」のように、
音も走りも、どこまでも飛んでいってもらいたいですw

2012年3月11日 (日)

BMW『135iクーペ』完成まであと一歩!

こんにちは!金子です。

久々の更新です。最近は、現場を飛び回ってばかりで
なかなかお店に居られる時間もなく、必然的に更新が滞ってしまいました。
スイマセン(;^ω^)

さて、本題に入る前に今週末に開催する
『プレミアムラインスピーカー&デジコア』の試聴会
について内容がほぼ固まりましたので、アナウンスさせていただきたいと思います。

日程・デモカーの構成は以下の通りです。

 ◎日程:3/17(土)10:00~20:00、18(日)10:00~18:00
      ※ご試聴にはご予約が必要です(ご予約方法は、電話・メール・ご来店にて承っております)
      ※試聴時間は、おひとり様約15分程度を予定しております
      ※予約状況に応じてご試聴まで少しお待ちいただく
                  場合がございますので、ご了承ください

 ◎デモカー:メルセデス・ベンツ『S-Class』
         →オーディオ構成:『S-Class Sound Suite』
       ※デモカーの詳細は、ソニックデザイン様のホームページをご参照ください
         http://www.sonic-design.co.jp/products/complete/sound_suite/s-class/

試聴会へのお問い合わせ・ご予約は、
 こちらへお願いします↓
     TEL:052-461-8186
     E-mail:info@basis-jp.net 担当(宇佐美・矢野)まで

 ※こちらの情報は、ブログのトップ記事にも詳しく掲載されております

それでは、本題に入りたいと思います。
先日から連載を続けておりましたBMW『135iクーペ』。

いよいよ納車の期日が迫って参りました。
ピットでは、急ピッチで作業が進行中です。

フロントドアも綺麗に仕上がりました。
20120311_02
※全景

20120311_06
※ウーファー部。ユニットが収まるように綺麗に内張を新しく製作しました

20120311_07
※トゥーイーター部。こちらも、聴者の位置を考慮しながら丁度良い角度をつけて

20120311_08
※ヘッドユニットはオーディオパネルの一番下に収納

20120311_09
※パワーアンプはLUXMAN製『CM-6000』

まだ少し細かい作業が残っていますが、納車まであと少し。
何とか期日までに仕上げますよ!

2012年3月 4日 (日)

BMW『135iクーペ』フロントスピーカーはどうなったか?

こんにちは!金子です。

実は、ここ最近「ブログは誰が書いているの?」というご質問を多くいただきます。
ホームシアター関係の記事は、冒頭でご挨拶しておりますので、
私が書いているとご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
ところが、カーオーディオに関しては、冒頭のご挨拶をしておりませんでした。
カーオーディオに関しても私、金子が主に執筆させていただいておりますので、
今後ともよろしくお願いします。

さて、先日から入庫しておりますBMW『135iクーペ』。
懸案だったフロントスピーカーの取付ですが、着々と作業が進んでおりますw

この度取付を行うダイアトーン製『DS-G50』は奥行きもそれなりにありますので、
フロントドアの空間がせまい『135iクーペ』に
そのままの状態でフロントドアに側に固定することも出来ません。
かといって、純正スピーカーの用にドアの内張に固定することは、
スピーカーの重量や音の関係で現実的ではありません。

そこで、フロントドアにインナーバッフルを、スピーカーの奥行きが確保できるように、
幾重にも重ねて取り付け、そこに固定するという方法を採用しました。

20120304_03
※『DS-G50』ウーファー部

まずは、フロントドアの内張を外し、防水シートを取り払い、
スピーカーを取り付ける予定の位置を決めます。

20120304_02

その上で、内張をカットします。

20120304_01

そして、もう一度内張を取り付けて、
作成するバッフルの大きさを確認します。

20120304_04

その上で、作成したバッフルを当てはめます。

20120304_05_2

しかし、これではまだ奥行が足りません。
今度は、フロントドアの内側をカットしていきます。

20120304_07
※開口途中の状態

20120304_06
※開口部分を仕上げている様子

これでだいたいスピーカーの取付に関しては目処がつきました。
さらに、内側に防振加工を施していきます。

ちなみに、カットした内張の部分ですが、その形に合わせて、
オリジナルカバーを作成して取り付ける予定です。

完成がとても楽しみですね!!

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク