« イベント・ここに注目~その2~イクリプス(富士通テン)製タイムドメインスピーカー『TD510ZMk2』 | トップページ | NISSAN『GT-R R35』が入庫しました! »

2012年2月14日 (火)

フォルクスワーゲン『Polo. GTI』ヘッドユニット&スピーカー交換

フォルクス・ワーゲン『Polo. GTI』が入庫してきました。

20120214_a

GTIシリーズの象徴である、ハニカムグリルとエンブレム。
そして、上下に走るレッドラインが、とてもかっこいいですね!
そういえば、先日も『ゴルフⅥ』のGTIモデルが入庫してきましたね。

そもそも“GTI”とは「Grand Touring Injection(グランド・ツーリング・インジェクション)」の略で、
フォルクス・ワーゲンが1977年に登場した初代『ゴルフ“GTI”』以来、
歴代のスポーティーモデルだけに与えてきた伝統ある名前なんだそうです。

日本仕様では、スーパーチャージャーとターボチャージャーの2種類の過給機を搭載した
ツインチャージャー仕様の1.4L TSIエンジンを搭載。
179PSの最高出力を実現し、停車からわずか約7秒で
100km/hに到達する優れた加速性能があるとのこと。
そして、最高速度は225km/hにまで達する、
まさに“GTI”を名乗るにふさわしい性能を有しています。

さて、今回のご依頼ですが、ヘッドユニットとフロントスピーカーの交換です。
20120214_b
※施工前

純正のオーディオシステムから、
ハイエンドカーオーディオの代名詞でもある“カロッツェリアX”の流れをくむ
『DEH-P01』に変更しました。
20120214_g
※『DEH-P01』

ダンパー機構を採用CDメカモジュールによって、
ディスクからの音楽信号を高精度での読みとりを可能にしました。
さらにデジタル処理には欠かせないクロック信号を「サウンドマスタークロック回路」により生成。
微細な信号までも精緻かつ透明感に満ちたみずみずしい音で再現してくれます。

ただ、筐体が1DINサイズなので、純正(2DINサイズ)とそのまま交換してしまうと、
もう1DIN空きができてしまいます。
そこで、その空きに、DEH-P01のデザインにあわせた小物入れを作成しました。

20120214_e
※上がユニットで、下が小物入れ

フロントスピーカーには、ドイツETON製『RSE-160を取り付けました。

20120214_h
※ETON『RSE-160』16cmウーファーと、2.5cmトゥイーター、ネットワークのセット

こちらは、バッフルを作製しそのまま純正と交換しました。
20120214_c20120214_i
※フロントドアのウーファー部

取付が終わると、あとは音の調整作業に入りますが、
当然のことながら、純正とは比べ物にならないほど音が良くなっています。
特に低音の力強さと高音の伸び。
ボリュームを大きくしても、決してやかましいということはなく、
聞いてて、非常に心地いいです。

せっかくのGTIですから、心地いい走りで、音楽も心地よく、楽しみましょう!

« イベント・ここに注目~その2~イクリプス(富士通テン)製タイムドメインスピーカー『TD510ZMk2』 | トップページ | NISSAN『GT-R R35』が入庫しました! »

カーオーディオ・カーナビ・セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« イベント・ここに注目~その2~イクリプス(富士通テン)製タイムドメインスピーカー『TD510ZMk2』 | トップページ | NISSAN『GT-R R35』が入庫しました! »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク