« RUF CTR イエローバード | トップページ | 笑顔の励み »

2010年6月 4日 (金)

侮るなかれ、新規格

こんにちは、中野です

 

最近、むさぼるようにnewリリースされたブルーレイのミュージックアルバムを

見ています。

 

先日もDEVE MATTHESの野外コンサートのライブをお客様と観ていて

お客さまに「このギターってマーチンだよね!」と言われて・・ドキッicon

実は僕も同じ事を感じていて、ギブソンじゃないな・・きっとマーチンの弦をはって

3日目ぐらいの音色だなicon・・・なんて・・ちょっとえらそうに思ってたんですよ

お客様のAさんもバンド経験者で弦の音がおそらくメモリー回路の情報とバチンicon

と合っちゃったんですね、同じ感覚が共有出来たのがとても嬉しくてその後は昔話

で盛り上がりました。

 

最近ブルーレイの音声フォーマットでよく見かける DOLBY  True HD  や DTS  HD

の音質はすばらしいicon

まさに一つ一つの楽器や歌い手の存在感や会場の空気感までもあますことなく

再現してくれています。

 

それに以前はわざとらしかったリアエフェクトの音場感やフロントとのつながり

も見事で、すべてのスピーカーの存在感が、フッ・・・と消えて、会場の中に

溶け込んでいけます。icon

 

数字に弱い私が数字を語るのはおよそ10年ぶりですが・・・

 

通常のCDの再生帯域が  44kHz 16bit 

           

          DOLBY  True HD は  192kHz     24bit  (6チャンネル時)

                                                            96kHz 24bit   (8チャンネル時)

 

数字で単純に判断するのもきけんですが・・・これだけちがうのも

                実際聞いちゃうとナットクです。

 

接続環境は HDMIケーブル接続時のみ有効で、アンプのエンコーダー

機能に DOLBY True HD の機能を持った物が必要になります。

 

iconicon・・・と言う事は僕の自慢のMLやPCやMCはicon

 

・・・と悩んでるのは事実です・・・

 

ま・・・救いと言えば、最近のAVプリもブルーレイレコーダーも

    とてもリーズナブルですから、少ない投資で楽しめます。

 

連日、ベイシス シアタールームでデモンストレーション中です

                   遊びに来てくださいicon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« RUF CTR イエローバード | トップページ | 笑顔の励み »

ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 侮るなかれ、新規格:

« RUF CTR イエローバード | トップページ | 笑顔の励み »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク