« 感動のスカイライン! | トップページ | GOLF Ⅴ スピーカー交換 »

2009年3月 1日 (日)

日曜日の独り言・・・

今日から3月。3月と言えば数日後にある『3月3日のひなまつり』ですね。

このひなまつり、桃の節句とも呼ばれますが3月に桃ってちょっと早いですよね。それもそのはずで、もともとは旧暦で行われていて旧暦では4月になるからです。一部の地域では旧暦の3月3日に祝われるところもあるそうです。

ひなまつりはいつ頃から始まったのか判然としていませんが、その起源はいくつか存在しているそうです。日本での起源は、流し雛の風習から本来は祓い神事の人形であったと言われ、「雛祭を過ぎて飾っていると嫁に行き遅れる」という言葉もここからきているそうです。平安時代に既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていた記録が現存していて、儀式的なものではないことから、『雛あそび』の名称の由来があると言われます。

江戸時代に女の子の『人形遊び』と節物の『節句の儀式』と結びつき、全国に広まって飾られるようになり、「雛あそび」が「雛祭り」へと変わったのは天正年間以降のことだそうです。この時代から三月の節句の祓に雛祭りを行うようになったと推測されています。この時代には飾り物としての古の形式と、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味合いが強くなり、武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の重要な家財のひとつに数えられていました。その為、自然と華美になり、贅沢に流れるようになっていったそうです。

ところで、5月5日(端午の節句)は祝日で3月3日(桃の節句)はどうして祝日でないかご存知ですか。

江戸時代の雛祭りは『五節句』のひとつとして「祝日として存在した」とされます。しかし、明治6年の新暦採用が『五節句(=雛祭り)』の祝日廃止となりました。さらに「国民の祝日」より「皇室の祝日」色が濃くなりました。戦後になって新たに祝日を作ろうとする動きが見られるようになり、祝日制定にあたり3月3日の案や、新年度の4月1日の案も出ていたそうですが、最終的には5月5日の端午の節句を祝日(こどもの日)とする案が採用されたことにより祝日になりませんでした。

北海道・東北をはじめ寒冷で気候の悪い地域の多い時期を避け、全国的に温暖な時期の5月にしたというのが大きな理由のひとつとされていますが、これが有力なのでは。

また昔から、ひな祭りには『白酒』が欠かせないものでしたが、もともとは桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花を酒に浸した『桃花酒(とうかしゅ)を飲む風習があり、その後、江戸中期になってから、白酒が好まれるようになったそうです。しかし、「白酒って子供の頃から好きでした」という方は、おそらく勘違いをされているのでは。実は、白酒を飲んだことがある方は意外と少ないそうで、甘酒のことを白酒だと思っている方がほとんどのようです。

来週にまた続きを・・・。

                                       矢のっち

« 感動のスカイライン! | トップページ | GOLF Ⅴ スピーカー交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の独り言・・・:

« 感動のスカイライン! | トップページ | GOLF Ⅴ スピーカー交換 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク