2017年2月25日 (土)

ハイエース ソニックデザイン スピーカー交換

そろそろモデルチェンジの噂もちらほら聞こえる、200系ハイエースですが

平気で売れ続けております。

本日スピーカー交換で入庫のハイエース。

何台交換したかは数えておりませんが、慣れた感じで作業に掛ります。

Photo


なんじゃ~こらー!!\(;゚∇゚)/  見慣れない防振テープが所狭しと・・

でも一生懸命作業されたのでしょうから、これ以上のコメントは差し控えます。

Photo_2

Photo_3


鉄板を少々広げてバッフルを製作し、TBM1877Aiを取付。

ソニックデザイン製スピーカーはエンクロージャーに入っていますから、

スピーカーにとって最適な環境が出来上がっております。

正確な音像定位と音場感、音漏れも殆どありません。


車種別専用設計のソニックプラスが人気となっておりますが、対応車種以外

のお車にお乗りのお客様がいらっしゃいましたら一度ご相談下さい。

無加工若しくは少しの加工で取付出来る車輌が沢山ございます。

日産車やホンダ車、マツダ車、スズキ車とかも殆ど大丈夫ですから。

Photo_4


Photo_5


ナビとサブウーファーは元々装着済み。防振作業も行われておりましたので

スピーカーとアンプを取付したのですが、スペースの関係でアンプはグローブ

BOX奥へ。ちなみにアンプはカロッツェリア製PRS-D700。

見えませんけど。 (*´σー`)

オーナー様ありがとうございました。

SONY VPL-VW5000 導入編。

レーザー光源とSXRDネイティブ4Kプロジェクター導入です。家庭用ではないですね。このプロジェターの大きさは、レンズを含めると奥行きが900mm近いです。重さも金具を合わせると60Kg。なかなかの物量です。

Dcc_sonyvplvw5000
まずは、三管式プロジェクターのVPH-G90の取り外しです。こちらも家庭用とは言い難い品です。長年使用してきましてきましたが、そろそろ限界に近いこともあり、今回の入替に至りました。


Img_6149
まずは、重すぎて大変なので、レンズとブラウン管を取り外していきます。レンズだけでも相当重量がありますからね。運搬は、だいぶ楽になります。長い間お疲れ様でした。 


Img_6150

取りはずしたところです。ボルトが出ているところが、最近のものです。ボルトの位置関係からすると3回ほどプロジェクターを変更してきたようですね。歴史が見て取れます。RGBケーブルも見えますが、今となっては・・・ですね。今回は、投射距離があるので、後ろへ、 BOXを拡張する必要があります。黒塗りの部屋なので、あまり、触りたくないですね・・・・。

続く。

栗本
 

2017年2月17日 (金)

カムリ ハイブリッド  B80R取付

今回は、ハイエンドオーディオのご紹介。

カムリ ハイブリッドでございます。国内ではそれほど多くないですが

アメリカでは大人気な車種らしいですね。

Photo


既にデジコアやD52Rがインストール済みですが、今回 完全一体構造の

鋳造アルミダイキャストエンクロージャー B80Rを2台インストール!!!

更に、禁断のSD-T25を追加!!!! 

私はやめておきましょうって・・・言いませんでした ( ^ω^ )

チャンネルも余ってるし、別に良いんじゃないかと・・

Photo_2


狙い通りステージが上がりましたし、奥行き感もアップしました。

Photo_3

そしてシート下へB80Rをインストール。

Photo_4


Photo_5


Photo_8


カーペットの下に土台を敷き、強力な固定に拘りました。もうガッチガチです。

そしてハイレゾプレーヤー フィーオX7も導入です。 同軸で出力、テクニカ

HRD-5に入力させ、D/A変換後、デジコアへ入力。各ケーブルも拘りました。

Photo_6


Photo_7


映っておりますミニジャックケーブルもテクニカ製でございます。



完成時のサウンドはハイレゾでの音質アップもさることながら、D52Rと

B80Rとの相性も抜群で、音像定位等は言うに及ばず、スーパーリアルサウ

ンドのお手本のようなサウンドでございました。


オーナー様 ありがとうございました。

2017年1月27日 (金)

MAZDA DEMIO オーディオインストール施工依頼頂きました

  今回I様より御依頼頂きました新型マツダ デミオにオーディオインストールしました

 
  I様はもう一台の御車にもSonic designを核としたオーディオシステムを
 

  組んで頂いております 


_dsc6284
 

  皆様御存じのようにこの御車も「マツダコネクト」装着車両です........ので


  ナビはもちろんのことヘッドユニットを簡単にインストールする事は不可能な


  車両なので今回はプロセッサーを軸としたインストールとなります
 

  まずは純正スピーカーを
 

  Sonic design カジュアルラインスピーカー


  TBE-1877Biに交換します


  純正状態↓


Dsc_0573
 

  交換後↓


Dsc_0574


  ツィーターも純正位置へ


Dsc_0576
 

  今回のシステムの核となっているプロセッサーは助手席シート下へ


  6CHシグナルプロセッサー

 
  MATCH DSP


  隣にはBraim’s 4CHパワーアンプ


  HQA-450NSを使用してフロントスピーカーをマルチ駆動


_dsc6289_2
 

  サブウーハ―用のアンプは運転席シート下へ


  カロッツェリアの2CHパワーアンプ


  PRS-D700で駆動

_dsc6286


  サブウーハ―は


  Sonic design サブウーハ―


  TBE-SW77iとなっております


_dsc6287


  今回はプロセッサーの導入の恩恵によって音響調整機能をフルに活用し


  調整後はヘッドユニットが純正ということを忘れてしまう程の音質向上となりました


  BASIS 田代



2017年1月21日 (土)

デモボード更新しました

  タイトルにもありますがデモボードの一部を入れ替え致しました

  MADE IN GERMANY
 

  ETON


Dsc_0569


  POWER AMPLIFIER


  NEW ECS-SERIES AMPS


  ECSシリーズは大好評なECCシリーズのサウンドコンセプトを継承したパワーアンプ


  となっております


  ECS-500.4  81W×2 + 117W×2 4chPOWER AMP ¥90000+TAX


Dsc_0566


  SPEAKER


  RSE-SERIES


  RSE-160はRS-160の後継モデルとなっております


  RSE-160  ¥110000+TAX


Dsc_0561


  そして去年末にインストールさせて頂きましたてあの感動がついにデモボードに..........


  MADE IN JAPAN


  DIATONE


  DS-SA1000


Img_index



Dsc_0568


  DS-SA1000 ¥670000+TAX


  DS-SA1000 NL(ネットワークレス) ¥600000+TAX


Dsc_0562
 

  試聴お待ちしております

  そこに全てが...............


  BASIS 田代

2017年1月20日 (金)

60系ハリアー リアモニター取付

本日ご紹介致しますのは、60系ハリアー。 初代のハリアーからもう

三代目ですが、人気は衰えるどころか、多くの支持を受け続ける車と

なりました。

良く見かける車輌ですが、純正ナビ取付車輌でのリアモニターの取付には

少々頭を悩ますのは、最近の多くの車輌の共通店かと。

Photo


今回リアモニター取付で、同時にDVDチェンジャーと地デジも取付。

実は純正映像が取り出し出来ないので、後付け映像機器をリアモニターと

純正ナビに入力。前でも同じ映像が見れないと色々と面倒ですから。

Photo_2


リアモニターはアルパイン製10.2インチを選択。それ以上のサイズですと

ルームミラーの視界の確保が難しくなりますので。

Photo_3

地デジはカロッツェリア製。抜群の感度を誇ります。

Photo_4


カロッツェリア製DVDチェンジャーはカバーを製作し足元に吊り下げました。

邪魔にならず、ソフトの出し入れも容易な場所を選択。



全てはお孫さまの笑顔の為でございました。  (* ̄ー ̄*)

2017年1月15日 (日)

今話題のプロジェクター2機種、トールボーイスピーカー4機種の視聴

20171_2

見極める

見極める

SONY VPL-VW535  JVC DLA-X770R 準備完了です!
Photo

2017年1月13日 (金)

ランクル80 スピーカー取付

明けましておめでとうございます。本年もベイシスを宜しくお願い致します。

と、遅いごあいさつの後は、去年 ナビのみ施工しまして年始に再度入庫

頂きましたランクルのご紹介。

Photo


約22年前の車輌ですが、程度は良く全然現役な雰囲気でございます。

これに今回 JBLのGTiとフォーカルアンプ 乗せ換えのフォーカルサブ

ウーファーをインストールします。

先ずいつもの防振の為 ドアからの作業です。

Photo_2


Photo_3


Photo_4


トリムは綺麗な状態でしたが、ドアの中は結構大変な事になっておりました。

あれこれ使用ししっかりクリーニング。

Photo_5

いつもの 鉄板防振材を張り付けて・・(非常に効果的な材料です)

Photo_6

吸音材を張り付け、スピーカー裏の鉄板を少々をカットします。

Photo_7


Photo_8


いつものように写真の左右が変わりました。 すみません。 これで防振は

完成。

Photo_9


良い感じに装着出来ました。オーナー様がご来店時 丁度アウターの作業

が終了したジムニーの出来がお気に召していただきましたので、それの

イメージで製作致しました。

Photo_10


Photo_11


Photo_12


乗り降りに差し支えないよう、出っ張りも最小限にしました。

Photo_13


Photo_14


助手席足元奥にアンプを取付。これも最小限なスペースで取付出来るように

フォーカル FD4,350をチョイス。 音質も高レベルなアンプでございます。

Photo_15


Photo_16


Photo_18


Photo_17

クリアーで力強いサウンドで、お気に召していただけるかと思います。 

明日、明後日の納車はどうかな~?  雪降るらしいし・・・

2017年1月12日 (木)

VPL-VW535 DLA-X770

1月19日~24日、当社 BASIS にて、徹底試写会 開催致します。
VPL-VW535 , DLA-X770R,今話題の両雄です。
同じ環境・システムで徹底的にご覧頂けます。この機会にお気に入りのソフト持参でお越し下さい。

535
Dlax770r

«今年もよろしくお願いします。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト

facebook

  • facebookはじめました
    facebookのページ
  • 「いいね!」もお願いします☆
無料ブログはココログ

メーカーリンク